2016.06.24

この子は離したくない!男性に「飽きられない女子」になるためのポイントとは

交際も長くなってくるとマンネリが生じて、お互いに飽きてきたりもするものです。

では男性に飽きられたり、退屈に思われたりしないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、男性に「飽きられない女性」になる方法について紹介します。

1.「俺の知らない時間」を作る

「何をしているのか知らない時間が少しはあると、緊張感が保てますね」(27歳/WEBデザイナー)

「何でも知りすぎてしまっていると、ドキドキもなくなりますね」(29歳/調理師)

好きだからといっていつも一緒にいるのは、実はかなり危険。
それだけ飽きがくるのも早くなるし、マンネリだってすぐに訪れちゃうだけ。

お互いに「知らない時間」を多少は持った方が、恋愛にグダグダ感が生まれにくいのです。男性があなたの日常全てを把握しないことで、ドキドキ感や緊張感が持続するようになりますよ。

2.「男性への恥じらい」を残す

「恥じらいがなくなってくると、もう男と女ではなくなってしまいます」(27歳/IT)

「なんでもさらけ出されちゃうと、熱がどんどん冷めちゃいますね」(25歳/マスコミ)

付き合いが長くなっても、女性は「恥じらい」だけはしっかりと持っていないとダメです!そうでないと、男性はあなたのことを、“女”としては見てくれなくなります。

平気で目の前で着替えたり、ゲップやおならをされたりしたら、「あの恋した可愛い女性はどこへやら・・・」と、男性からは幻滅されちゃうだけですよね。
最低限の緊張感が、飽きを生じさせないポイントです。

3.適度に「イメチェン」をする

「定期的に雰囲気が変わったりすると、一緒にいても飽きないですね」(28歳/マスコミ)

「いつも同じスタイルの女性には、ドキッとすることも少ないかも…」(27歳/不動産)

ファッションや髪型を適度に変える。これは効果的です。
カジュアルなファッションが多い女性が、たまにセクシーな服を着ると、それだけで男性はドキドキしまくってしまうはず。

ですから、いつも同じスタイルで通すのではなく、定期的に雰囲気を変えると、自分の知らない一面を見せられた男性は、どんどんあなたに夢中になってくれるはずですよ。

4.「言いなり」にはならない

「自分の意見を持っていると、話していて飽きないですね」(31歳/営業)

「なんでも僕の言いなりになられると、なんか張り合いがない」(30歳/商社)

自分のわがままをなんでも聞いてくれる女性は、男性にとって可愛く見えるもの。でもそれは最初だけです。
男性の「言いなり」になりすぎると、だんだん扱いも雑になって飽きられる…。

自分の意見をちゃんと持っていて、「俺の思い通りにはならない女性」の方が、男性は夢中になるものですよ。
ただ、あまりにも自己主張が強すぎるのは嫌がられるので、ほどほどにしてくださいね。

おわりに

彼氏と長く交際していくには、「飽きられない」ようにすることがいちばん大事です。

全てを把握させるのではなく、「謎」の部分を残しておく方が、男性はあなたのことを、離したくはなくなるはず。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事