2016.06.24

約5割の男ががっかり…!絶対に怠ってはいけないあのケア」とは

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。
魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

ムダ毛処理、きちんと行っていますか?
ついつい面倒だからとおろそかになってしまいますが、男性は女性のムダ毛をしっかりチェックしているようです。

リヴォーン株式会社が20代~50代の男女800名を対象に行った「うぶ毛そりに関する意識調査」の結果を元に、“女子が絶対にサボってはいけない産毛ケア”をお伝えします。

■「うぶヒゲ女子」はNG!

調査内で男性を対象に「女性のムダ毛で気になるところ」を尋ねた結果、「顔まわり(37.0%)」が第1位。これに続いて、ワキ(34.3%)、脚(27.3%)がランクインしました。

また、女子のムダ毛に気付いたときの男性の気持ちとしては、「だらしないと感じた(26.5%)」「がっかりした(24.7%)」などが挙げられました。実に半数以上の男性がマイナスイメージを持っているようですね。

「笑顔が素敵だと思っていたが、よく見たら産毛だらけだった!」なんて気づかれてしまったら、大きなマイナスポイント。産毛の処理が行き届いていない“ヒゲ”が生えている女子は、女の品格を疑われてしまいます。

ムダ毛の処理は面倒ですが、女として欠かすことのできない、重要な身だしなみと言えますね。

■今すぐチェック!気をつけたい「顔の産毛ポイント」

特に注意したい顔まわりの産毛ポイントは次の3つ。ぜひ、鏡でチェックしてみてください。

1.鼻の下
鼻の下のうぶ毛は、目立てば「ヒゲ」そのもの。離れた位置から鏡を見ても気付かないことがありますから、しっかりチェックする必要があります。女子として、ここだけは絶対に守りたい産毛レスポイントです。

2.頰
鼻の下はしっかりケアするけれど、頰はあまり……。
という人も多いかもしれません。これまであまり気にしてなかった人は、頰のてっぺんから耳下にかけてのラインをよく観察してみてください。鼻の下と比べて長く、硬めの産毛が生えていると思います。長い産毛がたくさん見えると、野生っぽい印象を与えてしまいますよ……。

3.眉毛の間・うなじ
うっかり見落としがちなのが、眉の間とうなじ。
眉の間に産毛が多いとつながり眉毛のように見えてしまいます。
うなじは顔まわりで一番濃くなりやすい部分。毛が太く多い体質の人は注意が必要です。うなじの毛が濃いと、頰と同じように野生っぽく、男性っぽい印象を与えてしまいます。

どの部分も産毛だらけでは“女らしさ”を演出することができません。この3領域は、“女としての身だしなみ最低要素”と心得ましょう。

■産毛ケアを徹底すると、メイクのりも良くなる!

産毛ケアをすると、女らしく清潔感のある印象を与えられるだけでなく、メイクのりが良くなり、透明感のある肌質を叶えやすくなります。

頰の産毛にファンデーションがつくと、ボテっと厚塗りの印象になったり、粉っぽくなったりしますよね。

定期的に産毛を処理することで、肌表面の凸凹が少なくなりますから、メイクが伸びやすく、均一に行き渡りやすくなるのです。産毛用シェーバーなどでサッと処理してしまいましょう。

■肌トラブルには気をつけて!

産毛処理をすべきとはいえ、気をつけなければならないのは「肌トラブル」。清潔感を出すためのケアで肌荒れを起こしてしまっては、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。

一番気をつけたいのは、シェービング。刃物を肌に当てると、どうしても表面を傷つけてしまいます。

自身でのシェービングを頻繁に行ってはNG。毎日のようにケアしないとすぐに濃くなってしまう場合は、脱毛サロンなどで肌の状態をチェックしてもらい、施述を受けるのもひとつの方法です。

■最後に


多くの男性は「うぶヒゲ女子」を受け入れられないようす。じっくり見なければ気づきづらいからこそ、一度気づくと目に留まってしまう産毛。「鏡を見てみたら私もすごかった!」という場合もあるかもしれません。

ぜひ、今日からケアを欠かさないようにしていきたいですね。(Nao Kiyota/ライター)

参考:「あなたの魅力を半減させる、“うぶヒゲ女子”に要注意!!男性が気になる女性のムダ毛、第一位は『顔』だった!」PRTIMES
(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018539.html)

(ハウコレ編集部)

関連記事