2016.06.27

ナルシスト男が「寒~いモノマネ」をしてきたときの対処法・4選

はじめてのデートや合コンで、ナルシストな男子がいきなり似ていないモノマネを自信満々に披露してきたらどうしますか?

きっとその場は凍り付き、誰しもが青ざめるでしょう。考えただけでゾッとしてしまいますよね。

そこで今回は「ナルシスト男子が変なモノマネをしてきたときの対処法」について20代女性の意見をもとにまとめてみました。

1.とりあえず褒めておく

「お笑い系の男子なら『ちょっとー!それ似てないよ!(笑)』とツッコめるんだけど、ナルシスト男子にはだいたい冗談が通じない。だから適当に褒めてかわします。」(24歳/雑貨販売)

ナルシスト男子はプライドが高いことがほとんど。そのため「マジ寒い。似てないしキモいよ(笑)」とバッサリと切ってしまうと、彼の機嫌を損ねてよけいに場をヒンヤリさせてしまう恐れが。

ここはとりあえず褒めておいて、自分の心の中で「似てないなぁ…」と消化させるのが良いかもしれません。

2.何とかして話題を変える

「合コンで自分をイケメンと勘違いしちゃっているナルシスト男がいた。『俺って福山雅治に似てるって言われるんだよね…あんちゃーん!』とか本気でやってくるんです。
ネタが若干古いし面白くもないので、みんなで何とかして話題を変えていました。」(25歳/カフェ店員)

「似てないモノマネを見ているこっちが恥ずかしい!」と思ったときは、さっさと違う話題に変えてしまうのもひとつの方法です。

「え、似てる~!…ていうかこのお店すごくおいしいね!予約してくれてありがとう!」など彼を持ちあげつつ、さりげなく話題を変えてみましょう。彼も不快な気分にならないですし、似ていないモノマネを阻止することもできるでしょう。

3.見なかったことにする

「ナルシスト男子がいきなりカラオケのPVと一緒に、エアギターからのエアドラムをやりだしたときはドン引きしました。必死でデンモクをいじって見ないフリをしましたね(笑)」(21歳/大学生)

「カッコいい俺を見て!」というモノマネアピールを、なんとか気付かないフリで逃げ切るのがこちら。彼がモノマネをしている最中は、絶対に目を合わせないようにしましょう。

もし「カッコいい俺に気付いて!」アピールをされても、別のことに集中しているフリをして、決して振り向かないようにしましょうね。

4.一刻も早く帰る方法を探す

「似ていないモノマネなんてやられたら、何とかして帰る方法を探しますね。『ごめん、今日家で仕事やらなきゃいけなくてさ…』とか言って。」(26歳/企画)

もし「どうしても彼のモノマネが生理的に受け付けない…」と感じたときは、「明日朝早いから」「体調があまり良くなくて…」など理由をつけて、さっさと逃げてしまいましょう。
そのほうが疲れもため込まず、気が楽になるはずですよ。

おわりに

ナルシスト男子はよっぽどのことがない限り、自分のスタンスを変えません。恐らく似ていないモノマネも延々とやり続けることでしょう。

合コンで「こんな寒いモノマネをする人とは一緒にいられない!」とまで感じる人に出会ったときは、デートに誘われてもやめておいたほうが良さそうですね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事