2016.07.01

気づいてないのは自分だけ!イタいカップルがやりがちな行動5つ

年度が変わり、気づけばもう夏。新しい出会いが新しい恋へとかわった方もいるのではないでしょうか?

片思いしてた大好きな彼とやっと付き合うことになり、幸せ絶頂期。でもちょっと待って!ラブラブなのはいいことだけど舞い上がりすぎてない?もしかしたら日常的に恋人としていることが、周囲から「イタい…」と思われているかもしれません。

1.SNSへの自撮り写真投稿

「2人で記念撮影とかするのはまだわかるけど、毎回ふたりの自撮りをSNSに投稿するってイタい上に長続きしそうにないイメージがある」(21歳/女性/学生)

ディズニー映画『ズートピア』のニックとジュディを真似したカップルの自撮りがちょっと前までSNSを賑わしていましたね。

イベントならまだしも、会うたびに自撮りを投稿となるとイタタいかも…。周囲からのひんしゅくを買いたくなければ、記念撮影だけにしてSNSへの投稿は避けた方が良いのかもしれません。

2.電車内でとにかくいちゃつく

「ところかまわずイチャつくカップルって見ているこっちがイライラする。美男美女がイチャついてるならまだしも、お世辞にもそうとは言えないカップルがイチャついてると虫酸が走る」(23歳/男性/営業職)

駅のホームとか結構いますよねこういうカップル。デートでのいちゃつきが方が足りなかったのでしょうか?別れが名残惜しいのはわかりますが、多少はTPOをわきまえましょう。

3.常に連絡を取り合っている

「分単位で連絡を取り合ってるカップルって理解できない。そんなに連絡取り合ってて疲れないのかな?」(25歳/女性/アパレル)

仕事前や仕事後に「おはよう」「行ってらっしゃい」などの挨拶を送り合うならまだわかりますよね。

しかし、友達と会っている間などでも四六時中連絡を取り合っているカップルは、「他にすることないの?」「周りが見えてないんだな」とイタいカップルに認定されちゃいます。マナーとして、一緒にいる人に集中するのは大事ですよ。

4.ぞっとするような猫なで声を出す

「電車内で会話していたカップルの女の子の方がアニメ声みたいな猫なで声で会話しているのが聞こえてかなり引いた」(20歳/男性/学生)

これはかなり重度ですね…。「か弱い私」と「それを守ってくれる強くて素敵な彼」を演出したいのでしょうか?

周囲からしてみればどちらもただの「イタいカップル」なのに。自分たちの世界に入り込みすぎている代表的な例ですね。

「カレと一緒のときはいつもと違う自分」も悪くはありませんが、周囲から見ると異様な光景に見えることもあるので要注意です。

5.露骨なペアルックを普段から着る

「学校にペアルックを着て来るカップルがいるけど正直ない」(19歳/女性/学生)

「普段からペアルックはちょっと…。ディズニーランドとかで着るならアリだけどね」(24歳/女性/事務職)

確かに学校でおもいっきりペアルックはキツいかもしれませんね…。周りの人すべてに見えるわけですし、別れたときの気まずさも大きいはず。
ディズニーランドのような世界観とイベント性のあるテーマパークならアリかもしれませんね。

おわりに

もし当てはまる項目が1つでもあるならあなたも要注意!盲目過ぎる恋はイタいだけでなく心身ともに消耗が早く、長く続けるのが困難。

それに別れたときに思い出して死ぬほど恥ずかしい思いをするのは当の本人たちですからね。(ばやし子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事