2016.07.02

いま、幸せを掴んだ女性が考える「失敗に終わってよかった恋」・5つ

振り返ってみると「本当に別れてよかったな」と実感する恋ってありますよね。
こういう恋は楽しむ分にはいいけど、真剣に将来を考えたりするような「人生を決める恋」みたいに考えるのは危険かもしれません。

でも、恋をしてる最中にはそれに気づくのは難しいです。どんな恋も、その最中は燃えてますから「この恋やめたい」とかはあまり思いません。
だから、あらかじめ「自分を幸せにしない恋」がどういうものかを知っておくことが大事ですね。

そこで今回は、「結婚生活幸せです」と語る2〜30代女性15人に集まってもらい、「振り返ると、本当に失敗してよかったと思う恋」についてお話してもらいました。

1.遊び人との燃える恋

「すっごいモテる人で、『この人、明らかに遊んでるなー』っていう人と付き合ってたこともある。
そのときは私も、『まあお互い若いし、私も気が楽でいいかな』と思って付き合ってたけど、振り返ってみるとセフレとそんなに変わらない関係だったのかなって思う」(美容師/32歳)

最終的にはどんな人も、「一途な恋」に行き着くんですよね。逆にいえば、そこに至るまでにこういう恋愛を踏んでおくのはアリでしょう。楽しいですしね。

でもそのときには、間違っても将来を考えないことです。まあ、考えてもどっちみち無駄なんですけどね。

2.周囲を納得させるための恋

「周りから『幸せだね』って思われるための恋愛は、操り人形だった。
長い間付き合ってたから悪かったけど、最終的には私からサヨナラした。今となっては、本当に別れてよかった」(食料品メーカー/29歳)

これも、すごく怖いですよね。自分の幸せのためだったはずなのに、だんだん周りの意見に負けて「この人と結婚すると幸せなんだ」って思い込んじゃうパターンです。「自分の幸せは自分にしか作れない」って当たり前のことを、恋愛するときにはいつも頭においておきましょう。

3.「私だけが辛い」恋

「浮気とかされまくっても、付き合ってるときはなかなか相手のことを嫌いになれないんだよね。だからズルズルいっちゃう。けど、別れたあとは目が覚めたみたいに冷静になるよね(笑)」(不動産/38歳)

裏切りとか不誠実なことをされても、一瞬で嫌いになるのは難しいですよね。
でも、「今すぐは嫌いになれない」≠「ずっと好き」です。

裏切られたら、必ずいつかは嫌いになりますから、浮気とかされて嫌いになれなくても、「今はまだ付き合っててあげるけど、そのうち気持ちが落ち着いたらちゃんと別れよう」と思っておくのがいいですね。

ひどいことされても嫌いになれないなんて、私は本当にこの人を愛してるんだ、なんて思わないこと。

4.ヒモ男子君を養う恋

「ニートと付き合ったことあるけど、あれはひどかった。付き合ってるときは、『私が守るんだ!』とか思っちゃうから怖いよね……」(公務員/24歳)

あとはDV男子もそうかもですね。「私がいないとこの人ダメだ……」と思って別れられないみたいな。

しっかりしてる女子がハマりがちな恋だけど、絶対に絶対に結婚してから後悔するので、ハマってしまう前に「ちゃんと時期を見てお別れしよう」と心の中で誓っておきましょう。

5.既婚者との叶わぬ恋

「結婚してる人との恋って、一番スリルがあって燃えるけど、一番叶うわけないから、真剣になったら負けだよー」(ウェブ系/28歳)

「嫁よりもお前が好き」とかいうくせに「離婚はまだしない(ずっとしないんだけどね)」っていうのが、この恋の唯一にして最大の矛盾です。こんな矛盾にも気づけないほど冷静じゃなくなっちゃうわけです。
この恋で真剣になっていいのは、既婚者が「離」婚者になってからです。

おわりに

どうでしたか?
もう後戻りできないとこまできてから後悔することがないように、いつも心のなかに「この人と結婚したら私は幸せ?」と自問自答する冷静な自分をおいておきましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事