2011.05.20

iPad2でSDカードを認識する方法

iPad2はインターネット回線を利用すればデータ保存やファイル共有など、さまざまな用途に用いることが可能です。しかしデスクトップPCやノートPCと違って拡張性は必ずしも高くありません。

PCの場合、USBポートを多数備え、外付けのハードディスクやTVチューナなどさまざまなデバイスを追加して機能強化を図ることができます。デスクトップPCならば内部スロットを装備し、外付けデバイスのように邪魔にならず機能強化が可能です。もちろんPCならメモリーやCPUを交換して性能向上だって可能です。

iPad2はこうした拡張性を捨て、用途を絞って使いやすさを追求しているので比較すること自体、適切ではありません。しかしユーザーの中には、外部機器と接続するためのインタフェースがあると便利なのに…、と思う人がいるのも事実です。

こうしたユーザー向けにDockコネクタを使ってさまざまな機器と接続できるようにする製品が登場しています。それがサンワサプライの「iPad・iPad2用4in1カードリーダー」です。



これを使ってどんなことができるのか。紹介しましょう。



写真データを読み込もう

SDカードやMicroSDカードリーダの機能を備えます。デジタルカメラで撮影した写真をSDカードなどを差し込みさえすれば簡単にiPad2へ取り込むことが可能です。


キーボードだって接続

USBポートを備えるため、デジタルカメラを直接つなぎ、内蔵ディスクから写真データをiPad2に転送することが可能です。



さらにUSBインタフェースとなるキーボードをiPad2へ接続できるようになります。これにより使いにくかったソフトキーボードではなく市販のキーボードを用いて文字を入力することができます。ただし、すべてのUSB型キーボードが対応するわけではないので注意しましょう。






充電も可能

純正のACアダプタを使ってiPad2を充電することも可能です。当然、純正ケーブルを使用することからPCと同期する際にも利用できます。


さいごに

外付けデバイスとの連携は、利用シーンによっては大変重宝します。これまでノートPCを使ってた人にとってはこうした拡張性をiPad2に求める人は少なくありません。

必要最低限でも拡張したいと思っている方、Dockコネクタを使って簡単に利用できるので、ぜひ活用してみましょう。

関連記事