2016.07.04

もう限界!カレが女友達と遊びに行く時の「激カワ嫉妬方法」・4選

彼が女友達と遊びに行く時ってついつい嫉妬してしまいますよね。恋愛のような感情はないと信じていても、ヤキモチを焼いてしまうものです。

嫉妬心を隠して「いってらっしゃい」と言うのも良いですが、どうせなら可愛く嫉妬して彼をきゅんきゅんさせちゃいませんか?

そこで今回は、彼から女友達と遊びに行くのを聞いた時や、これから女友達と遊びに行く時などに使える「激カワ嫉妬方法」について紹介いたします!皆さんも参考にしてみて下さいね。

1.(引きつった顔で)「いってらっしゃい!」

「彼女に『〇日女友達と遊んでくる』って言ったら『そうなんだ~いってらっしゃい~』って引きつった顔で言われて萌えた。嫉妬を隠そうと必死になっている所がたまらなく可愛いかったですね。」(24歳/公務員)

ゴリゴリに嫉妬をすると彼に「重い女」と思われてしまいそうなので、あまり嫉妬していることを彼にバレたくはありませんよね。

しかし、嫉妬をしないように頑張っているような彼女の姿は可愛いのだそう。バレバレなくらいが丁度良いらしいので、嫉妬を「していないフリ」をして彼を喜ばせてあげましょうね。

2.無言ですりよる

「俺は彼女と半同棲しているんだけど、女友達と遊びに行こうとする前とか帰って来た後とか、彼女が無言ですりよってくるんだよね。たぶん嫉妬の表れなんだろうけど、子供みたいで可愛いよ(笑)」(26歳/出版)

こちらの嫉妬方法の場合は、「何も言わない」ことがポイント!「寂しいなぁ」などのセリフを言ってしまうことで、急に「重い女」みたいになってしまいますからね。

「なんかいつもよりすりよってくるけど、もしかして俺の彼女嫉妬してる…?」と思い、彼は内心ニヤニヤしちゃうはずですよ。

3.「行かないで…なんてねっ」

「素直に『行かないで』って言われるとかなり心に来るかも。でも本当に止められたらさすがに重いから『行かないで…なんてウソ!冗談!』なんて寂しそうに言われたら絶対に抱きしめちゃいます。」(25歳/保険)

彼が家を出ようとしている所で、泣きながら「お願い!行かないでぇぇぇえ!!!」なんて言ってしまったら、大半の彼氏さんが「コイツ重すぎ…」と引いてしまうはず。

本当に引き止める訳ではないけど「行って欲しくはない」と言う旨を伝えてみましょう。寂しそうに「行かないで…なんてね」と言うことで彼は女友達との変な間違いは起こさないはずですよ。

4.「1回で良いから携帯見てね」

「飲み会に行こうとしたら彼女が『飲み会中1回で良いから携帯見て連絡ちょーだいね』って言ってきてさ。控えめなワガママがすごい可愛いなぁって思いましたね。」(22歳/学生)

「飲み会中、1時間以内にはLINE返さなきゃダメ!」なんて言う彼女は、完全に重い女認定されちゃいます。飲み会の場でずっと携帯を気にして触るのは、あまり好ましくないですからね。

しかし、「1回だけ連絡してくれたら嬉しいな」なんて彼女の小さなワガママだったら、彼だって嬉しいに決まっています。もしかしたら、何回も連絡をしてくれるかもしれませんよ!

おわりに

いかがでしたか?度をすぎたような嫉妬をしてしまうと彼は引いてしまいますが、可愛い嫉妬なら彼も大歓迎!恥ずかしがらずに可愛く嫉妬しちゃいましょうね!(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事