2016.07.06

思わせぶりにご注意!「実は脈アリじゃない」男子の言動・4選

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
「こんな行動をされたら脈アリ」という情報を仕入れて「あのときの彼の行動、もしかしたら脈アリ?」と考える女性もいるかと思います。
しかし、男性の中には「そんなこと考えて行動してない」と困惑する人もいます。

そこで今回は、女子が思わず「脈アリ?」と勘違いしてしまう、男子が無意識でやっている行動についてご紹介したいと思います。

1.からかってくる

「男の友達と付き合うノリの延長で女友達をからかうことはよくある。それなりの年齢になれば、好きな子をからかうことがなくなる男も増えてくるんだよ。」(26歳/コンシェルジュ)

男の中には照れ隠しで女子をからかう人もいるといいますが、どうやらそれは高校生までのよう。
大学生や社会人になると、あくまで友達付き合いのコミュニケーションのひとつとしてからかうことの方が多くなるみたいです。

仲間内のやり取りの中でトゲのある言葉でからかってくるようなら、脈アリ判断にブレーキをかけた方がいいかも。

2.夜中に連絡をしてくる

「夜中に連絡するのは本当に眠れなくて暇だから(笑)特定の女だけじゃなくて男友達も他の女友達にも連絡しているし。好きな子には夜遅くに連絡することはあまりない。寝ているのに申し訳ないなっていう気持ちになるから。」(24歳/IT)

好きな女の子には、気を遣って夜中に連絡するのを控える男子もいるみたい。
夜遅くに連絡がくる=脈アリだと思ってしまうのは、どうやらリスクが高いようです。

LINEや電話でのやり取りでは、顔が見えないから脈アリかどうかわからないもの。
しっかり見極めるためには、実際に会ったときの行動を重視するといいですね。

3.親身に話を聞いてくれる

「1回、友人として相談にのって話を聞いていたのに、それが脈アリって思われて散々な目にあったよ。人として大事な思いやりが、異性関係では恐ろしいものになるって学んだ…。」(23歳/アパレル)

男子が相談にのってくれるのは、ただの親切心である場合も。「親身に話を聞いてくれたから相手は自分のことが好き」と考えるよりも、「親身に話を聞いてくれたから自分が相手のことを好きになった」と考えた方が、間違いがないです。

勘違いを防止して、素敵な恋愛のキッカケにするためにも、相手に期待しすぎない力をつけておくのがベストです。

4.怒った後にフォローしてくれる

「女子に怒った後はフォロー入れないとあとで何言われるかわからないから…。
女子会とかで男の話題が出たとき、自分のことを言われているのかなって考えると良い印象残しておこうってなる。」(27歳/建築士)

恋愛感情の有無関係なく、怒った後にフォローを入れることで女子の心をケアするように気を利かせている男子が一定数いるみたい。自分のためを思ってこんなこと言ってくれるなんて!と勘違いしていまいそうですね…。

自分を良い人として話題にして欲しいという「男ならではの見栄」からくる行動が、女子の勘違いを引き起こすこともあるようです。

他の女の子にも同じような態度を取っているかどうか、密かにチェックをしてみるといいですね。

おわりに

男子の行動を一瞬の場面だけで見るのではなく、全体を通して見てみることがまやかしの脈アリサインにハマらないひとつの策なのかも。

深く考えすぎて傷つかないためにも、覚えておいといた方が良さそうです。(矢沢ゆう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事