2016.07.06

プールや海でのデートで彼をドキッとさせるちょっとした気遣い4つ

夏のデートといえば、プールや海。
彼と一緒に行く時に、どんなことを気をつければ良いのでしょうか。
初めて一緒に行く方も、もう何度も一緒に行っている方も、どちらにも使える気遣いをまとめてみました。
今回は元女探偵の筆者が解説します。

1.いいカラダしてるね!と褒める

鍛えている彼なら筋肉に自信があり、肉体美を見せたいと思っているハズです。
普段見慣れている裸だったとしても、初めて見たかのように『そんなに鍛えてたんだ!』『腹筋すごいね!』『すごいカラダだね』などと褒めてあげることで彼は満足します。

ぽっちゃりやメタボ体型を気にしている彼だったとしても、『そのくらい恰幅がいい方が水着似合うね!』などと褒めてあげましょう。体型の話題を避けて水着のセンスを褒められたりする方が逆に男性は傷つきます。

2.日焼け止めやサンオイルを塗ってあげる

男性は体に何かを塗るのが苦手な方もいますが、女性から塗って貰えるなら嬉しいと感じる人が殆どです。日焼けを気にせず『何も塗らなくていい』という男性も多いですが、最近は紫外線もきついですしケアした方が安心ですね。

酷い日焼けで後から痛くて大変になってしまうとその夜のデートも楽しくなくなってしまいます。
『尽くしてくれる彼女がいる』という誇らしさも彼に与えられる上に、ボディタッチでコミュニケーションも取れて愛が深まりますよ。

ぜひ彼に日焼け止めかサンオイルを塗ってあげてくださいね。どちらを使うか分からない場合には、両方用意しておくのも賢い女子です。

また、自分の日焼け止めを『塗って』と可愛くお願いするのもオススメです。うなじをかきあげて首に塗ってもらうなどすると彼もドキッとするハズですよ。

3.露出し過ぎない

水着って冷静に考えるとかなりの露出ですよね。下着と殆ど変わらない格好で素材が違うだけなので、男性は彼女の水着姿を見れるのは嬉しいけれど他の男に見せるのはイヤだと思っています。

彼女を自慢したいキモチもあるけれど、見せたくない・・・そんな複雑な気持ちがあるので、彼女が過激な水着を着てくると嬉しい半面引いてしまいます。ちょっと露出が足りないかな、というくらいの水着の方が彼も余計な心配をせず『もうちょっと見たい』感じでより盛り上がるかもしれませんね。

また、ビキニでももちろん問題はないのですが、大事なのは『恥じらい』です。あまり堂々と振る舞うよりは照れを残している方が好印象のハズですよ。

4.ムダ毛などのボディケアは抜かりなく

普段彼女の体型にそれほどうるさく言わない彼も、明るい光の下で見る機会があればさすがにジックリ見てしまうものです。

男性が幻滅するのは、ボディケアをサボっている姿なので、脇毛やビキニラインのケア忘れなどはもってのほかですが、見えない部分のムダ毛の剃り残しも抜かりなくしてくださいね。

セルフケア派の女子は、うなじや背中、腰、腕や脚の裏側など自分では見えにくい箇所に剃り残しがないかチェックしましょう。また、かかとや肘などのカサカサや黒ずみも要注意です。

おわりに

いかがでしたか?
ちょっとした気遣いで『彼女と海に来れて良かった!』と彼の思い出に残るデートになるはずです。ぜひ4つのポイントを実践してみてくださいね!(上岡史奈/ハウコレ)

(ハウコレ編集部)

関連記事