2016.07.07

カレの心も雨模様…!雨の日にドン引きされるNG行動・4つ

まだしばらくは続くらしい梅雨の雨。せっかくのメイクやヘアスタイルも昼過ぎには崩れがち…。思い通りに決まらないと、イライラしてしまうことがありますよね。

でも、それはあなただけではありません。雨の日は、車内もオフィスもピリピリしているもの。いつもは許せるようなことも、「いい加減にしろ!」と怒鳴りたくなる瞬間があるんです。

そこで今回は、カレの心まで雨模様にしてしまう「雨の日のNG行動」をサクッとご紹介!男性にドン引きされる前に、こっそりチェックしておきましょう。

1.周りを気にせずバサバサと傘の水気をとる

「お店や会社の玄関前で、傘を閉じたり開いたり、思いっきりバサバサさせて水気を飛ばすのは止めてほしい。
この前、スーツに思いっきり水が飛んできて怒ったことがある」(29歳/保険)

特に外回りの多い男性からクレームが多かったのが、周りを気にせずバサバサと傘の水気をとること。

これから大事なお客様のところへ挨拶に…というときにスーツを汚されると、最高にイラッとするんだとか。気になる上司に同行しているとき、うっかり自分勝手な行動をしないように注意してくださいね。

2.車内やお店の中で傘を閉じない

「傘を閉じたら、すぐにホックで留めるのがマナーじゃないの? 車内で広がった状態の傘を持っている人がいると、荷物に当たったりして邪魔なんだよね。
会社の傘立ても、しっかり留めていない傘があると、かさばって周りの迷惑になるからやめてほしい」(27歳/メーカー)

車内やお店の中では、ホックで留めてコンパクトに収納しておくのが大人のマナー。「またすぐに差すから」とバサバサ広がった状態でいると、周りの迷惑になるので絶対ダメですよ。
最近では、傘ケースを持ち歩いて、ポタポタ水滴が落ちないように心がけている女性も多いとか。外出の多い女性は、1つ持っておくといいかもしれませんね。

3.傘がぶつかったら不機嫌になる

「傘を差していると視界が悪くなるから、うっかりぶつかってしまうことがある。でも、それってお互いさまでしょ?ムッとした顔で相手を睨みつけたり、不機嫌になる女性は、ちょっと勘弁!」(29歳/金融)

傘を傾けたり高さを変えるなどして、周りにぶつからないように気を付けて歩いていても、ついうっかり傘の先っぽが相手にぶつかってしまうことがありますよね。

でも、それはお互いの不注意が生んだ小さな事故!間違っても「どこ向いて歩いてんのよ!」なんて怒ってはいけませんよ。相手と口論になって、事件に発展するケースもあります。

たとえ強引に前へ進んできたり、避ける素振りを見せなかったとしても、軽くスルーしておくのがベストですよ。

4.自分の方を優先して傘を差す

「突然の雨だったから、傘が1本しかなくて…。気になる女性と相合傘するチャンスだと思って傘に入れてもらったけど、傘を差していないときと同じくらいずぶ濡れに。
もっとバランス良く傘を差してほしかったな」(25歳/美容師)

せっかくの相合傘も、相手を気遣うことができなければマイナス評価に繋がってしまいます。

自分の方ばかり優先して差してしまったら、「濡れてない?」「ごめんね、上手に差せなくて」とフォローしておきましょう。あなたに悪気がないことが伝われば、男性もそれほどイラッとせずに済むはずです。

おわりに

いかがでしたか? ただでさえストレスが溜まりやすい雨の日。あなたのうっかり行動が原因で、大切な人を不快な気分にさせないように、十分ご注意を…!(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事