2016.07.08

友達がいなくなるかも?女子から恋愛相談にのりたくないと思われる女の特徴・4つ

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
女子同士の恋愛相談って本当に楽しいですよね。
話す方も聞く方もキュンキュンしながら彼とのことを真剣に考える、幸せなひと時だと思います。
しかし、そんな楽しい恋愛相談も、何気ない言動から一瞬でいや~なムードに変わることもしばしば。

そこで今回は、女子から「恋愛相談にのりたくないな」と思われる女の言動を見ていこうと思います。
大事な友達を失わないためにも、要チェックですよ!

1.相談のオチが全てノロケ話

「こういう悩みがあって、どうしたら良いのか分からないんだけど、でもこういうことがあって嬉しかったから頑張ってみるね!というノロケ話で自己解決されると、相談の意味ないよって思う。」(26歳/OL)

自分は友達に相談しているつもりでも、聞いている方はノロケ話かよ!とツッコみたくなる内容だったりすること、案外あるんですよね。
ノロケは相談の途中に挟むようにして、最後に「もっと進展させるにはどうしたらいい?」と持ちかける会話術を身に付ければ、友達から嫌われずに済むかもしれません。

2.モテ自慢をアピール

「この人からはこう言われて、あの人からはこうされて困っちゃう…みたいな話はもう相談というよりモテ自慢にしか聞こえない。」(23歳/看護師)

モテ自慢があまりにもひどいと、同性の友達を一気に失うこともあります。
そうならないためには、「こういう人やこういう人がいたりするけど、みんなはどのタイプがいいと思う?」という話し方をして相手に意見を求めてみましょう。相談された友達も、ただ自慢されたというのではなく、きちんと意見を求められていると実感できるので、反感を買われることもなくなります。

このような気づかいも、恋愛相談には必要なテクになってきますよ。

3.「寂しい」を理由にしがち

「彼氏が構ってくれないから寂しくて浮気したっていう相談を持ちかけられた時は、正直、この子と友達でいられないって思った。」(23歳/美容師)

彼氏がいてもなかなか会えなかったりするとつい人肌が恋しくなるもの。
彼氏がいなくても「寂しいし、彼氏欲しいな」って思うこともありますよね。
しかし、寂しさを全面に押し出した行動はNG。

「この子ちょっとめんどくさいな」と思われて、いざ好きな人ができて相談しようと考えても話を聞いてもらえないなんてこともあり得ます。
寂しさを自分で対処できる自立力も、友情を壊さないためには大切になってきます。

4.自分だけ話して満足する

「自分の恋愛話を散々しといて、人の恋愛話を聞かないのは嫌だな。話を聞いたんだからあなたも聞いて!って感じ。」(28歳/医療事務)

相談の内容に関してではなく、行動にも要注意。自分の話だけして満足したり、相手の話をいつの間にか自分の話にすり替えたりしていると、「自分勝手だなあ…」と友達からの信用を失うこともあります。
恋愛にはギブアンドテイクが必要っていいますが、友情でも同じことが言えるのかも。
自分の話を友達が聞いてくれたのなら友達の話もきちんと聞いてあげましょう。
そうすれば、お互いが気持ちいいと思える恋愛相談になりますよ。

おわりに

冷静に自分の感情や状況を見つめることができる女子の恋愛相談なら、同性も話を聞きたいと思うのかもしれません。自分の内容や行動をいま一度、考え直してみるといいですね。(矢沢ゆう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事