2016.07.09

相手の心をつかむために一番大切なタイミングは、「2回目に会った時」

彼の心をつかみたい。
彼との恋愛を長続きさせたい。
彼を感動させられるような素敵な彼女になりたい。
そんなあなたにぜひ実践していただきたいラブレシピがあります。

とても簡単で効果絶大なので、ぜひ実践してみてくださいね。

再会は相手を感動させる大チャンス

気になる彼と2回目に会うとき、あるポイントをつかめば相手を感動させることができます。

そのポイントはズバリ「一回目に会ったときの会話や身につけていたものを覚えておくこと!」です。そう、【相手との記憶をプレゼントに変える】ということなんです。

これを意識するだけで、次に会ったとき相手の心を掴むことができちゃうんです。

なぜ相手を感動させることができるのか。次からはその方法と解説をしていきます。

相手を感動させるポイント

たとえば“彼は前回会ったときボーダーの服を着ていた”ということを覚えていたとしますよね。

そして今回は彼がボーダーのバッグを持っていたとします。
そのことに対してあなたは「ボーダー好きなんですね!この前もボーダーの服を着てましたもんね♪」と言ってあげましょう。

そのほうが、ただ「バッグ可愛いですね♪」と言うよりも、前回の自分をあなたが覚えていてくれたということで、彼もより喜びの感情が沸き起こるし、感動します。

ほかにも、「その水色のネクタイ素敵ですね~!〇〇さんは水色似合いますよね。以前着てた水色のシャツも、似合ってましたよ♪」とか
「この前〇〇さんに教えてもらったお店に行ってみましたよ~」などなど。

このテクニックは服装だけではなく、持ち物や会話にも応用できますよ。

カンニング用に写真を撮っておく

でも自分の観察力や記憶力だけでは、なかなか相手のファッションや持ち物、会話や出来事を細かく覚えられませんよね。

そこで!相手の写真を何枚かとっておきましょう。
1枚写真を撮っておくだけで大丈夫! 
「星柄のバックを持っていた」とか「手持ちのペンケースは黄色だった」とか、「このカフェで頼んだハーブティーが美味しかった」とか「このお店を出たあとで可愛い犬を見かけた」とか、写真1枚でも多くの記憶が蘇るものなんです。

写真はより細かい色々な情報を残すことができるし、会話の予習をすることもできます。
カンニングできるように、この作業は忘れないようにしておきましょう。

サプライズでも使える応用編

この時差を使うテクニックはデートのときだけでなく、彼への小さなサプライズをするときにも応用することができます。

たとえば同棲中の彼が何気ない雑談の中で、「このイチゴ美味しそうだな~!俺、実はイチゴ好きなんだよね」と言ったとしますよね。
それを忘れずにしっかり覚えていてください。

そして1~2週間後に何気なく、冷蔵庫にイチゴを入れておきましょう。
彼に「ん?これどうしたの?」と聞かれたら「この間食べたいって言ってたじゃん♪」と笑顔で応えてみて♪
これをやられたら…彼の心をわしづかみすること間違いなしです!

あえて期間が経ってから用意して、買ってきたことも言わないで彼に気づかせる…
これも相手を感動させるポイントの一つになりますよ。

吉井奈々からのメッセージ

いかがでしたでしょうか?
その場のことを褒めて、そのときを楽しくするのはもちろん素敵なことですが、もっと感動をさせるためには、次回あったときに記憶をプレゼントすること。

人は誰しも、何よりも興味があるのは「自分について」なんです。
つまり、人は「自分のことを覚えてくれていた」ということが1番嬉しくて喜びを感じ、感動します。

そう、つまり【次回会ったときにどんな会話ができるかどうか!】
これが相手の心をつかむ鍵になるんです。(吉井奈々/ライター)

(ハウコレ編集部)
(楠ろあ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事