2016.07.11

気になるカレをたった一晩で落とせ!魅惑の「モテディナー」実践の極意・5つ

気になるカレから、「今週末、ご飯でも行かない?」とのお誘い。
わかりますね、付き合えるまで「あと一歩」ってところまで来てます。だからこそ、「絶対にここで決めるんだ!」て強い覚悟を持つこと。

「これからあと何回かデートして~それから~」とか甘っちょろいこと言っちゃダメ! 絶対に逃したくない大事な魚こそ一本釣りです、ワンチャンスで仕留めましょう。

そんなわけで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「気になる男子を一晩で仕留めるモテディナー実践術」について聞いてみましたよ。

1.まず食事をホメろ!

「最初はとりあえず、『このお店いいね~』とか『ここすごくおいしー!』とか、お店のことをホメてくださいね。
カレが入念にセレクトしてくれたお店ですから、ここをホメることで『あなた、センス最高!』というメッセージになるわけです」

たいてい男子はディナーの序盤、「この子、このお店気に入ってくれたかな……?」と心配しているものです。「いつもここ来るんだよね」とか言ってても、実際は「ネットで調べ&下見に何回か来ただけ」っていうパターンが多いんですよ。

だから、まずはお店をホメること。これでカレのテンションもロケットスタートです。

2.共通の「大好き」を探せ!

「最初の食事で最低限すべきは、お互いが『大好き!』と言える共通のものを探すことです。これをできれば、もう付き合ったに等しいですからね(笑)」

たとえばお互いに、ラーメンが超大好きとかだと、それだけでもう心の奥底の深い部分まで通じあった気持ちになれます。ほらよく、「◯◯好きに悪い人はいない」って言葉あるでしょ?

カレと強い仲間意識を共有すれば、付き合うまであと一歩と言っても過言じゃないわけです。次回から、その共通の「大好き」を理由にデートに行くこともかなり簡単にできますし。

3.見まくれ!

「ディナーって言ったって、カレと一緒にいられるのはたったの2~3時間ですよね。だから、この間はなるべくたくさんカレと目を合わせるようにしましょう」

あなたと目が合ったとき、カレも必ずドキッとするはずです。なんせ、あなたのことをデートに誘うくらいにはあなたに興味アリなんですから。

だから、その「ドキッ」を少しでもたくさん与えて、あなたの印象をたくさん残すこと。瞳の奥に、あなたの顔を焼き付けること。

4.次のデートを「必ず」取り付けろ!

「どれだけ楽しくても、『次』につながらないデートはダメ。これを私は『収穫ゼロ』って呼んでます。収穫って、形になるものじゃないとダメ。『楽しかった』とか『盛り上がった』とか、そんなの無価値ですから!」

手厳しいお言葉……(笑)。でも、たしかにそうですよね。私たちはカレとの「思い出」を作りたいんじゃありません。カレとの「これから」を作りたいわけです。

だったら、これはぜひやるべき。そして、次の約束を一番取り付けやすいのが、デート中ですよ。

5.死ぬ気で「楽しかった」と伝えろ!

「デート終わりに、『楽しかった』って言うのは当たり前です。これは、OLがキモいおっさん上司に誘われて嫌々行ったときでも言うからね。
だから、ただ言うだけじゃダメ。『死ぬ気で』言うんです」

普通のトーンで「楽しかったよー」って言うだけじゃ男子も、「あー、実際そんなでもなかったか……(泣)」とがっかりすることもありますからね。

だから、一生懸命に伝えようとしないと、「本気で楽しかったんだよ!」ってのはなかなか伝わりません。男子が「楽しかった」を言われ慣れていることを忘れないでね。

おわりに

どうでしたか?どれも真新しいテクはないけど、このすべてを完璧に実行できてる女子って少ないです。

せっかくのデートなのに、テキトーな8割くらいの頑張りでいったら取り逃しますよ。「百里を行く者は九十を半ばとす」です。「付き合えそう」と思ってからが勝負です!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事