2016.07.10

定番ネイルに飽きちゃったあなたへ。新境地ネイルのアイディア3つ

皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。

あなたはネイルを楽しみはじめて何年になりますか?筆者は16年?17年?くらいです。10歳からネイルを楽しんでいます(かなりサバ読んでみました)

そうなると、必ず出てくる問題があるのです。そう!「どのデザインも飽きちゃった」問題!「女心と秋の空」なんて言いますが、なんなら2時間前に塗ったネイルに飽きちゃったなんて日もあるくらい、女性の心って変わりやすいんですよね。いつものネイルデザインには飽きたけど、塗らないのはいやだ!なんてときには、今まで試したことのないカラーの組み合わせで、新しさを追求してみましょう?

◇オレンジと紫


例えば、オレンジと紫。文字だけだと「ハロウィンですかっ」と突っ込みたくなるような組み合わせ。

ですが、クリーミーなテイストで2色を合わせると、とても柔らかい印象の指先になります。オレンジはもともと、日本人の肌に合いやすい色。試さないのはもったいないカラーでもあります。「夏っぽくなりすぎるなぁ」なんて時は、たくさん白を混ぜ、もっとクリーミーにしたオレンジを使ってみるといいですよ。

◇気になる濃い色は全部使う


ネイルサロンにある見本のカラーチャート。その中に、「この色好きなんだけど濃いんだよなぁ」ていう色、ありませんか?

これまでは濃すぎが怖くてなかなか試せなかった色で、キャンドルっぽく見えるネイルデザインにトライしてみましょう!これなら白をかぶせて完成させるから、色の濃さが少しだけ柔らかくなります。白の量が多ければ多いほど、ふんわりとした雰囲気になりますよ。

◇点で使ってみよう

新たなデザインにチャレンジしたいときには、点でカラーを組み合わせてみましょう。

色には、塗る面積が広いほど濃く見え、奇抜な組み合わせをするほどPOPに見える傾向があります。そこで、全面に広く塗るのではなく、点を重ねるデザインにすれば、奇抜な組み合わせでもPOPすぎないデザインが可能になるんです!
黄色と黒でも、「電信柱のカバーと同じだね」なんて言われません。水色と黄色の組み合わせでも「ふなっ〇ーのファンですか?」なんて聞かれることもありません。

布の模様のような点の組み合わせなら、今までに考えたことのないようなびっくりセレクトでも派手になりすぎないのですよ。

◇おわりに

ネイルを楽しむことが生活の一部になっている方も増えてきていて、お客さんに施術するときも、「普通のは飽きたけど、派手なのはやだー」なんてお願いされることも増えています。
意外な色の組み合わせでも派手になりすぎないポイントは、デザインにあり!「ちょっと爪先にも刺激が欲しいよね」なんて思うときは、ぜひお試しくださいね。

【写真提供】

Nail & School  Coeurdufer
-ichigao&daikanyama-
http://www.coeurdufer.net/(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事