2016.07.12

夏っぽネイルに夢中!ネイリストおすすめデザイン初級編

ネイルの季節と言っても過言ではない、夏がやってきます。普段ネイルをやらない方でも、「足出すしなぁ」なんて、サンダルとペディキュアを楽しむ季節。海に行っても森へ行っても、サンダルからチラ見えする足先のかわいさったら最高!キラキラも花柄もかわいい…いろいろと楽しみたくなりますが、指は10本しかありません。悩みますねぇ。

ということで、今回は、15万本以上の爪を施術してきたネイリストでもありスキンケアカウンセラーでもある筆者が、夏に試したい「いい女ネイル」をお伝えします。
出会いの季節でもある夏ですから、 指先からハッピーになりましょう。

◇子どもはお呼びじゃなくってよ

ワンレンストレートの髪をかきあげ、「子どもはお呼びじゃなくってよ」とでも言いたげな「いい女ネイル」なら、「女は黙って!単色!女は黙って!単色」(どこぞの芸人さんのよう)
その通り、シンプルなワンカラーの指先は、手でも足でも上品さをつくりあげます。ラインストーンも1本に乗せる程度が、派手になりすぎないポイントです。


それではちょっと物足りない方は、単色のお花アートをポイントに。色やストーンを増やしすぎないことが、子どもっぽさ卒業のポイントです。
こんなネイルなら、夏の夜の浴衣姿にだってぴったり。色っぽさもUPさせて、夏の「いい女ネイル」で攻めてみましょう。

◇夏限定パーツは今だけ!

「なに言ってんの、年に1回の夏、はじけなくってどうすんの!」 なんて思っている方へのおすすめネイルは、やっぱり夏モチーフのデザイン。貝殻やヒトデ、砂浜や水面アートなど、夏モチーフにはかわいいパーツが豊富です。

シンプルなデザインでも、夏パーツを付ければ、いっきに気分はホットサマー!自分のネイルを目にするたびに、テンションも上がりそうですよね。

◇キラキラの威力

夏の太陽のパワーといったら!あの太陽光に負けない指先をつくるなら、やっぱりデカストーンに限ります。Tシャツとジーンズに、ビーサンはいて、ラフなポニーテール。そんなシンプルでカジュアルな装いでも、「キメルところはキメてるねー!」とほめられちゃうのが、キラキラネイルの魅力です。手でも足でも、アクセサリーみたいにキラキラ反射させるのって、なんだか気分も上々ですよね。ふと目にした爪がキラキラしている時のうっとり感といったら、もう…。

もし大きなキラキラパーツのひっかかりが気になるときは、ネイリストさんに伝えてみてください。キラキラをたっぷりカバーしてくれるので、ひっかかり問題も解決!

◇おわりに

サマーネイルのキラキラや華やかさって、秋や冬とは違い、「この季節ならでは感」が特別ですよね。大きなラインストーンは付けられなくても「ちょっとだけラメを足そうかな」なんて気分も夏だからこそ。華やかさが街にあふれる夏。みなさんも指先から足先まで、全力で楽しんでみてくださいね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事