2016.07.12

めんどくせえなぁ~…男がうんざりする「デート中の彼女のひと言」4つ

デート中に不意に放ったひと言が、男性を嫌な気分にさせてしまうこともあります。
面倒なことばかりを言ってしまうと、彼に捨てられてしまうことだってあり得るでしょうね。

そこで今回は、うんざりする「デート中の彼女のひと言」について、男性たちに聞いてみました。

1.「なんか冷たいよね」

「別に冷たくしてるつもりなんかないのに冷たいって言われても、どうしたらいいかわかりません」(27歳/IT)

「いつも通りなのに、『今日はなんか冷たい』って言われるのは本当にめんどくさい…」(26歳/アパレル)

男性は、あまり感情表現が豊かではない人が多いです。
なので、特に冷たくしているわけではなくても、冷たく見えちゃうときだってあります。
それをいちいち「なんか冷たい」なんて言われたら、本当にうっとうしいだけ。

あまり言いすぎると彼にイライラされてしまうので、彼が本当は冷たくしていなかったとしても、それが原因で冷たくされちゃうかもしれませんよ…。

2.「なんか楽しい話してよ」

「『おもしろいこと言って』って言われても、芸人さんじゃないから無理です」(27歳/調理師)

「楽しい話をしてほしいって言われると、デートが楽しくないのかなと思っちゃいます」(30歳/営業)

深い意味もなく、盛り上げようとノリで言ってしまいがちなひと言ですね。
「楽しい話でもしてよ」なんて、ノリで言っちゃいがちですが、男性にはかなりのプレッシャー。

しかも、上から言われる感じが、なんか鼻にもつくものです。
そもそも、退屈に思っていることをアピールするときによく言うひと言でもあるので、デート自体が楽しくないと言っているようにも聞こえちゃいますよ。

3.「並びたくない」

「メシを食べようとして並ぶのを拒否されると、ちょっとイラッとしちゃいますね」(28歳/アパレル)

「すごいだるそうに『並ぶとかあり得ない』って言われたときは、マジギレしそうになりました」(26歳/不動産)

行列に並ぶのは誰だって嫌ですし、面倒でもあるでしょう。
でもそれを前面に押し出してしまうと、男性の機嫌も悪くなってしまう。
せっかくあなたのためにおいしいお店を探してくれたかもしれないのに、それを嫌そうな顔で拒絶するなんて最悪でしょう。

並んでいるときにグチや不満を言うよりも、待っている時間をふたりで楽しんでくれる女性だったら、男性は確実に心を奪われちゃいますよ。

4.「なんでしゃべらないの?」

「いつもそんなにしゃべってないのに、しゃべらないって怒られるのはもはや意味不明」(32歳/営業)

「『なんでしゃべらないの?』って言われても、特に理由なんてないし、しゃべることがあったらしゃべるんだけど…」(28歳/建築)

「なんでしゃべらないの?」って、男性に詰め寄る女性。
けっこうよく見るシーンですし、カップルあるあるなのかもしれません。

でもこんなこと言われても、男性としては特に理由もないので、困ってしまうだけ。
責めるように言ったりしないで、「口数少ないけど大丈夫?体調でも悪い?」と心配してあげると、男性も不機嫌になんてなりません。
思いやりがある女性だと、見直してくれるはずですよ。

おわりに

「デート中の何気ないひと言」で、男性も嫌気がさしてしまうことだってあります。
そんなことが何度もあったら、もうあなたとデートをすること自体が面倒にも感じられてもしまうので、不用意な発言には気をつけてくださいね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事