2016.07.16

男をダメにする女の「甘え」

「彼氏を甘やかしたら、彼は簡単にダメになる」というのは、多くの女子が知っていることだろうと思います。同時に、人は多少甘やかされないと健全に育たないということも、おそらく多くの人が知っていると思います。
今回は、「甘え」を軸に男をダメにする女について一緒に考えてみたいと思います。

■ちゃんと彼のことを見ていますか?

「男をダメにする女」のよくある例を探そうと思えば、ハウコレの記事にもたくさんの指摘があります。
たとえば以下。

・この世で一番自分が好き
・嫉妬や束縛が強すぎる
・常に彼に心配をかけさせる
・なんでも「いいよ」と受け入れる
・なんでも「彼のため」と思ってやってしまう
これらの例に共通するものはなにか?

彼女が彼のことを見ていない、ということでしょう。つまり女子が自分に甘えていて(=彼に甘えていて)、彼のことをよく見ていないということでしょう。

■得意だからといって彼につくすのはダメ

あくまでも一般論ですが、女子は恋をすれば、相手にいろんなことをやってあげたくなる傾向が、男子よりも強いといいます。
愛する人になにかをしてあげたいと、ごく自然に思えるというのは、この世のしあわせのひとつの定義だから、恋をしたら彼にいろんなことをやってあげたいと思うこと自体は、非常にいいことです。
いいことだし、そうすること自体が、男性からすると非常に女性らしいことです。

たとえば接客業をしたら、男女どちらの接客がうまいかを考えるとその傾向がわかると思います。女子のほうが接客がうまいと、コンビニで買い物をしていてもファミレスに行っても、おそらく多くの人が感じるところでしょう。
だから、女子のその「才能」でもって、彼になんでもやってあげたくなるというのは、納得のいくことです。

が、「なんでも彼のためと思ってやってしまう」というのは、何をしてあげると彼のためになるのか、考えるのをおろそかにして、彼のことを見ていないということです。
「なんでも」ではなく、彼をよく観察した上で、彼にとってプラスになることだけをやってあげる、というのがベターでしょう。

「この世で一番自分が好き」とか「嫉妬や束縛が強すぎる」というのは、言うまでもなく、もうまるっきり彼のことを見ていないと言わざるをえないですよね。

■厳しすぎず甘すぎず。適度な距離感って?

男って、ほどよく安心感を与えておくと、ダメにならない生き物です。
どの程度の安心感を彼に与えておくと、彼はダメにならないのか、この「程度」は、個々のカップルでちがうはずです。だから彼のことをよく「見る」必要があります。

彼女が自分のことばかりに忙しく、彼のことをほとんど見ていないようでは、男は簡単にダメになります。
でもいっぽうで、彼が必要としていないことまで彼に尽くしても、男は簡単にダメになります。

***

とくに若いうちは、女子が自分大好きであっても、嫉妬深くても、それはそれで恋愛におけるひとつの成長過程ですから、全然OKでしょう。
でも、自分好きであっても嫉妬深い性格であっても、とにかく彼を見ること(=常に彼のことを意識すること……離れていても「今、彼は何をやってるのかな」と想像すること)、これが男をダメにしないコツではないかと思います。

相手を常に思う(思いやる)というのは、いってみれば「脱・甘え」です。
「甘え」とか「彼をダメにする女」というと、なにかと精神分析的なめんどうな話になりがちかもしれませんが、そんなややこしい話をせずとも、彼のことをただ思いやるだけで、アゲマンになれるということです。
「ただ思いやる」の「ただ」が、むずかしいのかもしれませんが。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル

関連記事