2016.07.16

「恋愛最強ラッキー風水占い」 7月16日~7月31日

7月16日~7月31日までの恋愛占いです。風水のパワーを使って最強の恋愛運を身にまといましょう!

あなたの九星は?
<ご自身が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>
一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ
二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ
三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ
四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ
五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ
六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ
七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ
八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ
九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ
その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

一白水星

尊敬できる異性との恋愛が期待できます。年上であっても、年下であっても、「この人はこういうところがすごい」と思えるような人です。ハッピーエンドになる可能性も高いので、この恋は手放さないようにしましょう。
◆ラッキーカラー:アイボリー
◆ラッキーナンバー: 6
◆ラッキーメニュー: しゃぶしゃぶ

二黒土星

恋愛に関して大逆転のチャンスがあります。そのためには、諦めないことが肝心です。くじけそうになったら、未来を見つめてみましょう。その未来が輝いているか、曇っているか、決めるのはあなたなのです。チャンスをつかみたいのならば、輝きのある未来を見つめましょう。
◆ラッキーカラー:イエロー
◆ラッキーナンバー: 5
◆ラッキーメニュー: コーンポタージュ

三碧木星

恋愛に関してはやや受け身になりやすいときです。もっと堂々と、自分から向かっていっても良いのです。恋愛ルールに少し縛られ過ぎてはいませんか?こうでなければいけない恋などありませんよ。気持ちを解放して、リラックスして恋をすすめてみましょう。
◆ラッキーカラー:パールホワイト 
◆ラッキーナンバー:4
◆ラッキーメニュー: お赤飯

四緑木星

恋愛が前進する流れがあるようです。話が出てからは進みが早くなるので、迷っていてはチャンスを逃してしまいます。どうするかは、直感で判断していきましょう。とりあえず進んでみる、という選択方法も、いまはアリです。
◆ラッキーカラー:ライムグリーン
◆ラッキーナンバー:7
◆ラッキーメニュー: クリームコロッケ

五黄土星

恋愛は少しオープンなくらいがうまくいきそうです。照れ隠しに、自分の気持ちと逆の態度をとってしまうことがありますが、それは全く無駄なことです。好きな人の前では、素直に気持ちを表しましょう。恋愛がどんどんうまくいくようになりますよ。
◆ラッキーカラー:黄緑
◆ラッキーナンバー:3
◆ラッキーメニュー: カレーライス

六白金星

好きな人ときちんと気持ちが通じ合っているか、確認してみましょう。意外とズレがあるかもしれません。違いがあったら説明をすればよいので、慌てなくても大丈夫です。下手に言い訳をすると、複雑になってしまいます。
◆ラッキーカラー:赤
◆ラッキーナンバー:2
◆ラッキーメニュー: ミートソースパスタ

七赤金星

好きな人を信じて待ってみましょう。待っている時間も、それなりに幸せな気持ちになれるはずです。信じる気持ちを持ち続けることが、あなたの恋愛をうまく進める鍵となってきます。同じ時間を過ごすならば、幸せな気持ちで過ごせるようにしましょう。
◆ラッキーカラー:ピンク
◆ラッキーナンバー:9
◆ラッキーメニュー: 卵雑炊

八白土星

モテ度が高いときなので誘われることも多いのですが、悪い誘惑に乗ってしまいそうな気配があります。自分で決心した上で誘いに乗る分には構わないですが、後悔するかもしれない、と不安がよぎったならば、ストップをかける勇気を持つことも大切です。
◆ラッキーカラー:カーキ
◆ラッキーナンバー:8
◆ラッキーメニュー: ハンバーグ

九紫火星

相手がどう思っているのか気になって、すぐに知りたくなり、ついつい焦ってしまう傾向が強くなります。その焦りが相手にも伝わってしまうので、冷静さを保つように心がけていくと良いでしょう。時期を待てば、焦る必要が無かったことがわかります。
◆ラッキーカラー:ミントグリーン
◆ラッキーナンバー: 1
◆ラッキーメニュー: 海鮮チヂミ

おわりに

いかがでしょうか。恋する気持ちは心を豊かにしてくれます。素敵な恋をして毎日を幸せに過ごして下さいね。(生田目浩美./ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事