2016.07.21

刺激はぜーんぶ「ときめき」に変換!真夏の恋を盛り上げるテクニック

夏はキラキラと熱く輝く太陽のように、前向きでエネルギッシュなパワーがみなぎります!
恋も同様に、盛り上がり、情熱的な盛り上がりを見せる季節。
そんな夏は、「ジェットコースターラブ」しちゃいましょう!

ジェットコースターラブとは…
好きな人と一緒に刺激的な体験をすることで、恋のときめきとスリルから来るドキドキを脳が勘違いし、恋に落ちやすくなる、というもの。
ジェットコースターのように熱く輝く恋を盛り上げるための、恋愛テクニックを考えていきましょう!

【ときめき疑似体験(1)】

ふたりきりで花火大会を見に行く!なんてことが出来ればいいですが、急にふたりきりに持ち込むというのは、なかなか難易度が高いですよね。
夏のイベントといえば、花火大会の他にもバーベキューや、海水浴など、レジャー系のイベントが充実しています。まずはそこを狙って動きましょう!

学校や職場では見せられないはしゃいでる姿は、彼に刺激的な印象を与えることが出来ます。
そのときには、恥ずかしがらないことがポイント!
思い切り笑い、ノリが通用するこのタイミングで、いろんなお話をしてみましょう。
今までにない楽しさや刺激が意外性としてお互いの心に残るはずです。

【ときめき疑似体験(2)】

プールや海水浴だったら、水着を着ることもあるでしょう。
お祭りなら浴衣。
レジャーならいつもと違うアクティブな私服。
などなど、”非日常”を演出するにはもってこいの夏!

「ジェットコースター(遊園地)=日常では味わえない興奮やスリル」
この定義になぞらえて、いつもなら見られない姿、いつもと違うテンションや雰囲気など、非日常をうまく利用して彼の気持ちをドキドキさせましょう。
印象をガラリと変えることも、イベントの時ならスムーズにできちゃいます!
いつもと違う刺激をときめきに変換していきましょう。

【ときめき疑似体験カップル編(1)】

お付き合いが長いカップルさんは、ケンカが増えたり、逆にマンネリ化して刺激に飢えていたり、燃え上がる恋とはほど遠くなっていませんか?
上記の非日常を演出することもおすすめなのですが、日常的に出来るプチ刺激をご紹介します。
たとえば、ケンカが多くなっているカップルさんたち。
ついつい彼を否定する言葉が増えていませんか?
あえて、いつもあえて言わない感謝の言葉や、彼を肯定する言葉をかけてみましょう。
「そっかあ、わかるよ。がんばったね。」「~なところいつも助かるよ、ありがとう。」
などなど…。
「え!いつもと違う!どうしたの?」と彼はびっくりするでしょうが、その言葉が聞けたら大成功!
小さなことですが、彼がまたあなたに感謝の心を取り戻し、ときめきが再開するでしょう。

【ときめき疑似体験カップル編(2)】

そして、ふたりで新たなことに挑戦することもいいでしょう。
行ったことのない場所へ旅行を計画する。
登山やマラソン、何か物作りなどの体験を一緒にしてみる、などなど。
一緒に何かを成し遂げた!というスリルと達成感は、最高に心地が良いはずです。
今さら…と思わずに、今だからこそ、刺激的な体験をこの夏に取り入れてみてはどうでしょうか?

【おわりに】

刺激的な時間は100%思い切って楽しむことが大切ですが、興奮やスリルは常にあったらいいというものではありません。
たまに受ける刺激だからこそ、それがぐっと心に響くのです。
楽しむ時間、共感する時間、その大切な時間とは別に、自身のお仕事に励む時間をつくるなど、メリハリをつけることが大切。
ジェットコースターばかり乗っても疲れます。時にメリーゴーラウンドやコーヒーカップに乗ったり、それぞれ違う乗り物に乗ったっていいと思うのです。
うまく日常と非日常を使い分けて、この夏の恋を大きく盛り上げてくださいね☆(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事