2011.06.02

タロットカードで運勢を占っちゃおう!カードの置き方と意味

 
タロットカードを使ったことはありますか?
占いですから当たるも八卦当たらぬも八卦というところですが、ある程度練習すれば面白いほどカードを読めるようになる人もいます。

ここでは、タロットカードで簡単に運勢を占う方法をご紹介しちゃいます。


タロットカードでの占い方

タロットカードは、「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードと「小アルカナ」と呼ばれる56枚のカード、合わせて78枚のカードがあります。

しかし、78枚のカードを全て覚えるのは慣れない内は大変です。
ここでは、有名な22枚の大アルカナカードだけを使いましょう。

まずは具体的に占うことを頭の中で念じて、カードを裏にして置きます。そして、机の上で混ぜます。これをシャッフルといいます。

シャッフルが終わったら、カードを裏返しのまま一つの束にまとめて積みます。そして、並べていくのです。

この時、カードの上下は動かしてはいけません。タロットカードは1枚で正位置(カードの絵柄通りの状態)と逆位置(絵柄が逆さまの状態)の2通りの意味があるからです。


占い方とカードの置き方も何通りもあります。
私が占う時には「ケルト十字法」と呼ばれる、カードを10枚使った置き方(スプレッド)で行うことが多いです。



「ケルト十字法」のカードの位置と意味
  1. 質問者の今の状態
  2. 目の前の障害
  3. 質問者の目的
  4. 遠い過去の出来事
  5. 最近の出来事
  6. 近い将来に起きること
  7. 心の中
  8. 周囲の人たちの反響
  9. 願望
  10. 結果

実際に占ってみましょう

では、実際にカードを並べてみましょう。
「6月生まれの方の2011年6月の運勢」を占ってみました。番号はカードの位置です。上の説明を見て下さいね。

実際に皆さんがカードで占う時は、「今の恋はどうなるか」「進路はどうなるか」など、具体的な質問を思い描いた方が当たる確立が高まります。


  1. 女帝(正): 幸せや安定を意味します。現在の安定した順調な状態を保ちたいと望んでいるのでは。

  2. 隠者(正):アドバイス、慎重などを示します。慎重になりすぎていると感じていませんか?

  3. 塔(正):災難や失敗を示します。状況を打破するために何か危険な計画を立てているのでは。

  4. 力(逆):自信のなさを表します。以前、弱気になって失敗したことを表しています。

  5. 吊るし人(逆):わがままや怠けを表します。最近、わがままだと思われるようなことをしてしまいませんでしたか?

  6. 審判(正):再生や目覚めを示します。反省や発想の転換で物事が好転します。

  7. 正義(正):バランスや公平を示します。あなたは本当は周りと公平に上手くやっていきたいと望んでいます。

  8. 悪魔(逆):立ち直りや自立を意味します。周りの人の助けや意見を聞きましょう。

  9. 太陽(逆):不幸や孤独を意味します。意地を張ると孤独を感じるようになってしまうかも・・・。

  10. 節制(正):忍耐や自重を意味します。素直になる事で望みに近づくでしょう。

何かの状況を打破しようと無謀な計画を実行しようとすると失敗します。周囲の意見や協力を得て素直な心で受け入れれば、物事は好転しますよ。
以上は、「こんな風に読み解きます。」という実例でした。実際に世界中の6月生まれの方全員に当てはまる結果とは思えません。
しかし、カードはこのような結果を出しましたので、一応ご用心を。

1人で占う時は

まずは、心に占いたいことを念じて1枚だけカードを引く方法をお薦めします。
その方法でカードを読む練習をしてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?皆さんもぜひ参考にしてみてください。
関連キーワード

関連記事