2016.07.23

アツアツなほど冷めやすい?「すぐに別れる」カップルの特徴

こんにちは。恋愛心理カウンセラーの木田です。
誰でも付きあってから数カ月間は、何をするにも新鮮で、楽しい恋愛期間です。
しかし、この楽しい恋愛の初期段階で、すぐに別れてしまうカップルも中にはいます。
あなたの周りの友達や、あなた自身に経験がないでしょうか……?

そんな長続きしないカップルには、ある特徴があるのです。
今回は、すぐに別れるカップルの特徴についてお伝えしていきます。

1.すぐに結婚の話をする

付き合ってすぐに結婚の話をするカップルは別れやすいといえます。
「子供はどうするか」「住む場所はどうするか」「いつ頃結婚するのか」など…
好きな人と付き合えて、気持ちが高ぶるのもわかるのですが、一気に盛り上がりやすい人は、それだけ一気に気持ちが盛り下がる傾向もあるのです。
また、そういった人は現実的に物事を見据えることも苦手であったり、気持ちが重くなりすぎる傾向がありますから、うまくいきません。

どちらか一方が冷静な人だと、すぐに結婚というキーワードを出されることで重く感じ、ふたりの温度差が明らかになってしまうでしょう。

付き合ってすぐではお互いのことがまだまだわかりません。
じっくり付き合った上で将来について考えていくことが大事です。

2.連絡を取りすぎる

付き合った当初は、相手のことで頭がいっぱい。
だからといって、一日に何往復もLINEのやりとりをしているカップルは要注意です。

気持ちの盛り上がりは連絡頻度にハッキリと表れることが多いものですが、先ほどもお話した通り、一気に気持ちが盛り上がるカップルは一気に盛り下がる傾向があります。
最初のうちはいいのですが、だんだんとどちらか一方が、やりとりに疲れてくるので、返信するのが面倒になってきます。

すると、連絡頻度が一般的くらいに落ち着いてくるのですが、盛り上がっていたころの連絡頻度と比較してしまうため、なんだか心が離れていっているように感じます。

そうなると、不安感やイライラが募ってきてケンカも増えてしまい、あまり関係は長続きしないでしょう。

3.知り合ってから付きあうまでの時間が少なすぎる

知り合って2、3日で付き合ったようなカップルは要注意です。

2、3日では相手の良いところばかり見えてしまって、悪いところが見えてきません。
いざ付き合ってみると、「こんな人だとは思わなった」「こんなに価値観が違うと思わなった」など、ふたりの関係を揺るがすような要素がどんどんでてくることがあります。
お互いを知っていくうちに、この先やっていく自信がなくなっていくこともあるでしょう。

こんな事態を避けるためには、お付き合いする前に何度かデートを重ねたり、LINEをやりとりしてお互いを知っていくことが大事ですよね。

4.付き合ったばかりなのにケンカが多い

付き合ったばかりは、誰でもPEAという恋愛ホルモンが多く分泌されています。
このホルモンが分泌されている恋愛初期は、相手の嫌なところが見えにくく、長所に目がいきやすいのです。

それにも関わらず、ケンカになってしまうということは、この先が思いやられてしまいます。
話し合いで解決できるレベルではなく、根本的な部分で相性が合わないこともあるのです。

おわりに…

いかがだったでしょうか?
すぐに別れるカップルの代表的な特徴をお伝えしましたが、こんな事態にならないためには、お付き合いする前にしっかり相手のことを見ておくことが大事になります。

あまり慎重になりすぎても、恋愛は成就しにくいですが、相手と自分の価値観や、性格、趣味嗜好はある程度知っておきましょう。
今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事