2016.07.26

仲の良さは関係ナシ!カレを紹介したらダメな「略奪癖のある女友達」の特徴

女友達にカレを紹介したら、略奪された…。

信じられないかもしれませんが、意外と身の回りに略奪を経験したことのある人は多いと思います。あなたにカレがいて、大切なカレを友達に取られてしまったら、もう何も残らないですよね。
考えただけでもゾッとしますが、それでは女友達にカレを略奪されないためにはどうすればいいんでしょうか?

そこで今回は、カレを紹介したら略奪してくるかもしれない女友達の特徴をご紹介します! 

1.略奪された・したことがある

「略奪をしたことある子は癖になって繰り返してる場合が多いし、略奪されたことのある子は略奪の仕方を目の当たりにしているから危険」(19歳/大学生)

略奪を繰り返している人は見事成功したときの快感を忘れられず、繰り返してしまうことが多いです。また、略奪の被害者になったことがある人は、今度こそ自分の手で幸せを掴み取りたい!と息巻いています。

どちらのタイプも「人の彼氏を略奪すること」に対しての抵抗がなくなっている状態ですから、要注意ですよ!

2.自分の恋バナをしようとしない

「自分の恋バナをしたがらないグループ内の友達に略奪されました。私の彼氏に手を出してる話なんてできるワケないですよね…」(17歳/高校生)

気になっている人といい感じになってきたら、女友達に近況報告をしたりしますよね。自ら進んで報告せずとも、恋バナが盛り上がれば話してくれるのが自然な流れ。

しかし、そこで自分の話を一切持ち出してこない友達は要注意。「人には言えない恋愛」をしている可能性が高いので、自分の彼氏の情報を明かさないようにしておきましょう。

3.恋愛相談を積極的に引き受ける

「略奪癖のある子って恋愛マスター気取りが多い。『私って略奪できるくらい魅力的な女なのよ』とでも言いたいのかな」(24歳/アパレル)

略奪癖のある女はなぜ略奪をやめられないのでしょうか?答えは、「略奪を正当化して自分の恋愛力にうぬぼれているから」です。

人に言えるような恋愛はしていないけど、この恋愛力をひけらかしたい!そういう人は積極的に恋愛相談に乗ってきます。人当たりの良さに油断してカレとの間に生じたトラブルなどを相談すると、カレを釣るエサにされかねませんので気を付けましょう。

4.「浮気されるほうも悪い」と考えている

「悪いことだとわかってても略奪したくなっちゃう。でも、略奪されるくらいの関係だったんでしょって思っちゃうんだよね…」(20歳/大学生)

もちろん、浮気はした方が悪いに決まっています。ただし、された方に非がないとも言い切れないもの。略奪をする女は被害者の小さな非につけこみ、浮気と略奪を正当化します。

恋バナなどで盛り上がった際、「浮気はされる方が悪い」と考えている友達がいないかどうか、意見に耳を傾けておきましょうね。

おわりに

あなたにとって大切な友達でも、友達にとって優先すべきは友情より恋愛かも。いくら仲が良くても、女友達の恋愛癖まで矯正することは不可能です。

友達も彼氏も失くしてしまわないよう、自分の幸せは自分で守り抜きましょうね!(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事