2016.07.26

あなたは大丈夫?彼に地味なダメージを与えるかもしれない女子の4つの態度

大切な彼と過ごす時間は、やっぱり大切にしたいですよね。男性の方も、「彼女が自分とのデートを楽しめているか」ということをけっこう気にしています。

細かいところを気にするのは女性というイメージが一般的ですが、実は男性も、女性と同様に色々なところを見ています。
何気ない行動や言動が、気付かないうちに彼を傷つけているかもしれません。今回は男性が地味にダメージを受けた女性の態度を調べてみました。

1.頻繁に携帯をいじる

「やっぱり一番気になるのは、スマホばっかり見ている事かな。友達とのLINEとか、いま返信しなきゃいけないくらい大事な内容なの?って思うし、SNSのタイムラインを追っているのを見ると、自分といるのが退屈なんじゃないかと思ってしまう」(20歳/接客業)

今どきスマホは必需品ですし、友達からのLINEにすぐ返信をしたい気持ちも分かります。でも、ふたりで一緒にいるのに画面ばかり見ているのはNGです。

あなたが「時間を確認するついでに、LINEやインスタグラムを確認しよう」と悪気なく思っていても、彼の方は、「もしかして、早く帰りたいのかな?」とカン違いしてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

2.無言・反応が薄い

「リアクションが薄いと話していて虚しいので、それなりに意思疎通ができている、と実感できる反応がほしいです。興味のない話題だったなら申し訳ないけど、あからさまにノーリアクションなのは寂しい」(29歳/営業)

これも当然といえば当然ですが、反応が薄いと会話も弾みませんよね。あなたにとって興味のない話題でも、彼にとっては興味のある話題なのですから、せめてあいづちくらいは打つようにしましょう。

また、場合によっては「つまらない」とはっきり伝えることも必要。その場合は冗談っぽく言うなど言い方に気を付けて、ケンカにならないように伝えましょう。聞いてくれていることを実感できるだけでも、相手は安心できます。

3.否定する割に、対案がない

「どこか行こう、と言っても理由をつけて断られ、『じゃあどこへ行く?』と聞くと『えー、わかんない』って答えられたとき。結局どうしたいのか分からなくて、面倒になります」(28歳/美容師)

「○○へ行かない?」というお誘いに対し、「こういう理由があるから嫌」と断ったのに、「じゃあ、どうしたいのか?」という質問に対して「分からない」というのでは、彼でなくてもお手上げです。

自分の意見を押し殺してまで彼の意見を肯定する必要はありませんが、「それも良いけど、今日は××がいいな」などといった具合にやんわりと断ったり、対案を出すように心がけましょう。

4.元気がない

「話しかけても上の空。しきりにため息をついているのに「どうしたの?」と聞くと「なんでもない」と返ってくるだけ。これじゃこちらも対処のしようがないし、なにか自分が悪い事をしたんじゃないかと不安になる」(29歳/出版関係)

仕事や試験のこと、人間関係など、ささいな事から不安な気持ちが大きくなることってありますよね。不安なことで頭がいっぱいで元気がなくなったときに、その原因を隠そうとしては、かえって彼を不安にさせてしまうかもしれません。

話しにくいこともあるでしょうが、「どうしたの?」と聞かれたなら、素直に理由を話した方が良いでしょう。理由が分かれば彼も安心できますし、「頼ってくれている」と思うでしょう。

おわりに

ふたりきりの時間を楽しく過ごせるかは、お互いのリアクションが少なからず関わってきます。相手のこともきちんと考えられる素敵な彼女を目指して、楽しいデートを重ねられるようにしましょう。(恋愛エステティシャン桜子/ライター)

(ハウコレ編集部)
(小南光司/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事