2011.06.15

重さがあるから貯めててたのしい!?500円玉貯金を成功させる方法

 

 

すでに失敗した。

自分には無理だと思う。

 

これならやれる。大丈夫。

 

3つのステップ」と「3つの体感」で、貯まる500円玉貯金! 

2つの魅力

 

1982年に登場し、2000年にリニューアルされた500円玉は硬貨しては歴史がもっとも浅い、その為に発行年ごとに集める楽しみはほとんど有りません。

 

楽しみを見いだすポイントはどこでしょう?

 

500円玉は、その存在感こそ一番の魅力


重く、大きい、その存在感。

千円札と、500円玉2枚、同じ千円なれど、その存在感は500円玉こそ、多くを主張して居ませんか?

 

世界中でも有数の高額面硬貨の500円玉


色こそ銀色ですが、まるでマンガやアニメ、海賊映画の金貨の様な存在感が、ありませんか?

コップ一杯分で数万円の500円玉が、実際宝箱から溢れる程なら、想像も出来ません。

ステップ1:隔てる

500円貯金を成功させる第一歩です。

 

釣り銭に500円玉が有ったら、重要な事はただ一つ。

 

他の小銭とは一緒にしない


コレだけで良いです。

 

 

財布の小銭入れにしきりがあれば、500円玉とそれ以外で別けましょう。

無ければ別途、500円玉用の小銭入れを持ち歩くと良いと思います。

 

500円玉とそれ以外のお金を、隔てるとどうなるか?

 

使っちゃいけない気になるんです


小銭というくくりでは、500円として認識してしまいますが、同じ財布の中でも隔てて、別に収める事で、考えがちょっと変わるんです。

ステップ2:イメージの転化で「いとおしむ」

 

「500円の硬貨」から「500円玉が1枚」へ

 

自動販売機の前で財布をひらくと、千円札も小銭も5円玉やら1円ばかりで百円に満たない、そこで泣く泣く500円玉を投入する時、愛おしく感じれば、もう何の心配も要りません。

ステップ3:体感できる入れ物に貯める

大きいからこそ、オススメの500円玉貯金ですから、いつまでも財布などに入れていては、かさばるし、重い。

当然、お家のどこかに貯めていく事と思います。

 

体感出来る容器に貯めて下さい

 

目で見て、貯まっていく様子がわかる物に入れて下さい。

肝心なのは過程を体感できる事です。

感じる事で増える。増やす楽しみが生まれてきます。

 

3つの体感

感じ方は人それぞれ、様々な実感の仕方があるかと思います。

それらに柔軟に体感させてくれるのも、500円玉貯金の醍醐味です。

 

額面で体感

 

ストレートな感じ方ですね。

貯金ですから、何千円分、何万円分貯まった。

500円玉を夜な夜な数えてほくそ笑むのも、楽しみの一つです。

 

 

重さを体感


500円玉はたった数枚でも、ずっしりと実感を感じる事ができます。

これが、貯まっていくたびに、ズシリ、またズシリと重みを増して来る。

通帳の額面や、お札、普通の貯金箱では味わえない楽しみがあります。

 

 

ボリュームを体感


厚みも、直径も大きな500円玉、貯まれば貯まる程に、ボリュームが増します。

正に宝箱から溢れる金貨や、大判小判がザックザック・・・

ウキウキしませんか?

 

 

是非、増える喜びを体感下さい。

関連記事