2016.07.27

キャバ嬢直伝!おしゃべり男子をエクスタシーさせる「うなずきテク」・5つ

聞き上手な人って老若男女問わず誰からもモテます。
あなたもそんな人になってみたいと思いませんか?
なにも気のきいた会話ができなくても大丈夫。うなずくだけで好印象を与えられるんです!

今回は元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに秘伝の「うなずきテク」を教えてもらいました。
これは恋愛だけでなく、ビジネスや友達などあらゆる人間関係で役立ちますよ。
うなずくだけで簡単だし、口下手な人見知りさんでも挑戦しやすいです。ぜひマスターしてください!

1.基本うなずき続ける

「うなずきは肯定の合図です。『うんうんうん』みたいな感じで多めにうなずくといいですね」

なるほど。うなずきは「あなたを認めてますよ」、「あなたの味方ですよ」というメッセージでもありますね。相手にうなずいてもらえると人は安心して話せます。
誰だって否定されるのは嫌なもの。

もし反対意見があっても、一旦はうなずいて相手の意見を受け止めてあげましょう。そして、話は最後まで聞いてあげるのが大事ですね。そうすると自分の意見も受け入れてもらいやすくなります。

2.目を閉じてうなずく

「目を閉じてゆっくりうなずくと、相手の話に深く感じ入ってるような雰囲気を出せます」

たしかに。言葉をかみしめるような表情でうなずいていれば、相手も納得してくれたんだと思って満足しますね。その後多少沈黙が続いても考えこんでるような感じに見えます(笑)。

その話題を終わらせたいときにも有効かもしれません。おしゃべり男子を逆に黙らせたいときにも使ってみましょう。

3.目を見てうなずく

「目を見てうなずくと、しっかり聞いていることをアピールできます」

そうですね。これが一番基本の姿勢かもしれません。しっかり目を見てうなずけば、あなたの誠実さ・真剣さが伝わります。
そして、「うんうんうん」と多めにうなずけば、興味津々な感じになってさらに好印象になりますよ!

4.あいづちとセットで

「『さすが、知らなかった、すごい、センスいい、そうなんだ』は相手の自尊心をくすぐります」

さすが、ブルボンヌさん!(笑)。
いわゆる「さしすせそ」ですね。うなずきとともに、上手にあいづちが打てれば完璧です。
「あなたを尊敬してますよ」という気持ちが伝わりますので、話し手はとても気持ちよくなるでしょう。

5.うなずいときゃスマホいじっても印象悪くない

「ちょっと上級編ですが、うなずきとあいづちの声のトーンでちゃんと聞いている感じを出せれば、スマホやパソコンをいじってても印象は悪くありません」

「へ~」とか「ほ~」とか感嘆の声のトーンが大事なんですね。コツをつかめば、話を聞きながら仕事するなど時間の有効活用ができそうです。
でも時々相手と目を合わせることを忘れずに。

おわりに

どうでしたか? 今すぐにできそうでしょ?男子の自慢欲は性欲にも勝ることがあるそうです。あなたも絶妙なうなずきテクでカレの安心感と自尊心を満たし、エクスタシーさせちゃいましょう!

気持ちよくおしゃべりさせてくれるあなたを、もうカレは手離しませんよ!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事