2016.07.30

ポケモンGOのバカ!もう知らない!「ポケモンGOに夢中な彼」に構ってもらう方法・4選

世を賑わせているアプリ。それは「ポケモンGO」です。一度でもポケモンをやったことがある、あるいはアニメを見たことがある人はハマること間違いナシのゲームなのです。

ただ、「彼氏がポケモンGOにハマって、なかなか私に構ってくれない…」こんなお話がちらほらと聞こえてきます。

そこで今回は、「ポケモンGOに夢中な彼」に構ってもらう方法について紹介いたします。皆さんも参考にしてみて下さいね!

1.ポケモンに攻撃

「この前ポケモンばっかりで構ってくれない彼にキレて、そこにいるであろうポケモンに攻撃しました。そしたら彼は大笑いして『ごめんね』って言いながらスマホをしまってくれましたよ!」(20歳/学生)

見えない何かと必死に戦っている彼女、そしてボコボコにされているのに涼しい顔をしているポッポ。こんな状況になったら、彼もきっと平静を取り戻すはずです。

彼がポケモンを捕まえ始めたらその場所を覚えて、ポケモンがいるであろう場所に攻撃してみましょう。きっと彼はそっとスマホを閉まってくれるはずです。

2.執拗に「危ない!」と言う

「彼がずっと夢中なので、全然危なくないところで『あ、危ない!』とか『今車見えてた!?』とか何回も煽ってみることにしました。そしたら反省してくれたみたいで、ポケモンGOの頻度も減って良かったです♪」(25歳/銀行)

ポケモンGOをしていたら車に轢かれそうになった、電柱にぶつかったなど、歩きスマホの影響で周りを見ていないため事故に巻き込まれている人が多いです。

彼がポケモンGOを始めたら「ちょっと、危ないよ!」と何m先の電柱にぶつかる心配をしてあげましょう。「いま人にぶつかりそうだった」「もう少しで轢かれる所だったよ?」と彼を何度も煽ることで、彼は「人に迷惑をかけちゃダメだな…」と反省しスマホから手を離してくれるはずですよ。

3.デート場所は地下を選択

「デート場所は電波の届かないような所を選びます。そうすればポケモンGOも上手く操作出来ないみたいなのでオススメですよ。Wi-Fiスポットとかは本当に強敵。」(24歳/音楽)

ポケモンGOは電波が悪い所で操作すると、現在地が海になり周りにポケモンなんて一切現われません。その性質を利用するのです。

デートでご飯に行く時はなるべく「地下」のお店を選びましょう。地下2階以下がオススメです。そうすれば彼は、「くっそ~電波悪いから出来ない~」と言いながらスマホをしまい、アナタに構ってくれるはずですよ。

4.自分も始める

「彼がずっとポケモンGOに夢中だったので、私も始めてみることにしました。思った以上におもしろいし、出不精の彼がいっぱいデートに行ってくれるように(笑)意地張ってないですぐに始めれば良かった!」(21歳/アパレル)

なんだかんだで、自分も始めちゃうのが一番手っ取り早く構ってもらえます。同じゲームの話って、やっぱり盛り上がりますしね。

彼が一人でポケモンを捕まえに行ったら寂しいですが、彼と一緒に色々な所をお散歩出来たら楽しいに決まっています。「遠くにはポケモンいっぱいいるかも!」なんて言って、旅行に連れて行ってもらうのも良いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?ポケモンGOに夢中で構ってくれない彼、世の中にはたくさんいると思います。何をしても何を話してもポケモンGOを離してくれない場合は、そんな彼から「にげる」のコマンドを選ぶのも良いかもしれませんよ。(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事