2011.06.13

「アドレス変更しました」上手い手口の迷惑メールに騙されない方法

携帯やパソコンに怪しいメールがきたら、絶対に返信したり書いてあるURLを踏んだりしてはダメ!

というのは、もう、小さい子供でも知っている話。

しかし、そういうスパムメールを出してくる相手もだんだんと手口が巧妙になってきています。

最近は、どんなスパムメールが来るのか、それがスパムメールかどうか確かめる方法もご紹介しちゃいましょう。




「アドレス変更」通知を装ったスパムメール例

最近きた、ちょっと騙されちゃいそうなメールの例です。


 ちゅんちゅーん

最近、迷惑メールがひどいから・・・
メアド変更します

今度からこっちにメールしてね

×××@docomo.ne.jp



これ読んだとき、一瞬、「誰か友達からアドレス変更のメールがきたんだな」って思いませんか?

差出しは知らないアドレスだし、文の中で名乗ってもいないので、誰からきたのか解りませんが、ついつい「えっ?誰?名前わからないよ。」と、返信しそうになるメールですよね。

でも、よく考えると、アドレス変更って「今メールを出しているこのアドレスをこのまま登録してね」というのが普通。わざわざ「このアドレスにメールしてね」と書いてあるのが何だかおかしい・・・。

検索でしらべてみる

「でも、誰か友達が本当に変更のお知らせを出してきたのかも知れないし。」と、ここでまだ迷ってしまう人は多いでしょう。

こんな時はパソコンで検索。怪しいと思う文章をそのまま検索窓に打ち込みます。





はい。2万件以上も検索結果に引っかかってきました。同じメールを貰っている人が、いっぱいいるようです。これでスパムメールだという確信が持てましたね。




おわりに

もしも、このメールに返信なんかしちゃってたら、あなたのアドレスは怪しいサイトに登録されて、どんどん回ってしまってる所です。恐いですね。

携帯だと、パソコンよりも気軽に返信したりURLを踏んだりしてしまいがち。
少しでも怪しいと思ったら、迷わずに調べてみましょう!
関連キーワード

関連記事