2016.08.01

普段の彼はどんなしゃべり方?彼のタイプ別「好感度抜群の聞き方」

人によってしゃべるテンポやよく話題にするネタって違いますよね。
その違いによって、聞き方も相手に合わせることが「もっとしゃべっていたい」と思われるポイントです。

今回は、タイプ別「好感度抜群の聞き方」をまとめてみました!

1.熟慮型

「俺は自分の話をしゃべり始めるのに頭で考える時間が必要だから、テンポが遅いんだよね。でもそれをじっくり待って聞いてくれるとすごく嬉しい!」(22歳/学生)

自分のしたい話をよく考えてまとまってから話すタイプの彼は、話し始めるまで少し時間がかかりがちです。
彼が話し始めるまでの間は静かに待つことが大事。

また、自分から話し始めて彼の話をさえぎらないことに気を付けましょう!
自分の話を真面目に聞いてほしいタイプなので、相づちは話のポイントで打つように。
相手に安心感を与えて話させるためには、相手の表情に合わせて自分の表情を変えることを意識してみましょう!

2.不安型

「人の前で話したりするのが苦手で、つい相手の顔色をうかがいながらしゃべっちゃうんだよね。だからリアクションの大きい子とか共感してくれる子だとかなり話しやすい。」(25歳/公務員)

自分の話に自信がないタイプの彼は、話し方がおどおどしていたり相手の顔色をうかがいながら話す癖があります。

自分の話題で相手が喜んだり笑ったりしてくれるだろうという自信がないのが原因です。
彼には、ただ相づちを打つだけでなく「あ~!わかるわかる!」「私もそう思う」と少し大げさな位のリアクションをしてあげることが大事です。
話に共感して、彼に自信を持って話すことが出来るようにすると好感度は抜群!

3.おしゃべり型

「やっぱ俺の話に笑ってくれる子が良いな!笑わせたくてしゃべってるところあるしね(笑)」(25歳/コンサルティング)

自分の話や面白ネタを好んでするタイプの彼は、普通に聞いていてあげるだけでもしゃべり続けてくれます。
彼の中で特別な存在になるには、「昨日新宿の映画館にいってさー○○見たんだよ」「おー○○見たんだ!」というように彼の話のポイントを繰り返してみましょう。

また、彼に「この子ともっと話したいな」と思われるためには、的確なツッコミを入れることが重要!
自分の話にツッコむ人に弱い彼に、どんどんツッコんでいきましょう!

4.消極型

「話を振られたら話すけど、自分から話を振ることは苦手。でも俺の話を膨らませながら聞いてくれる子は、すごく話しやすくて居心地がよかったよ」(21歳/学生)

自分からはなかなか話題を振れないタイプの彼には、まずは自分から彼に話題を振ることが大事。
「土日はどこかへ出かけた?」など、彼がYESかNOで答えられる簡単な質問から投げかけてあげましょう。

彼の緊張がほぐれたら、「どうしてそこへ行こうと思ったの?」など、彼が自由に回答できる質問をしてあげましょう。
彼が話を始めるまで時間がかかっても、しっかり目を見て相づちやオウム返しを忘れず真面目に聞いてあげる姿勢を見せると好感度抜群!

おわりに

彼の性格に合わせた聞き方をすることで、効果的に好感度を上げるコツ!
まずは、普段の彼をよく見て何型に当てはまるのか見極めてみましょう。(佐久間 優/ライター)

(ハウコレ編集部)
(こいずみさき/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事