2016.08.02

期待したら損するかも…!?男性が「好きではない女性」とデートする本当の理由

断られたらキッパリ諦めようと思っていた本気の恋。思い切ってデートに誘ったら、すんなりオッケーをもらえて、舞い上がってしまった経験はありませんか?

「もしかしたら、このまま付き合えるかも…」

そんな淡い期待を抱くのは、ちょっと早すぎるかも!?『gooランキング』の「気のない男性からのデートに行く理由ランキング」を参考に、オトコが好きではない女性とデートする本当の理由を探ってみました。

1.友達として楽しそうだったから

「友達として一緒にいて楽しい女性とは、積極的に遊ぶかな。恋愛に発展しない可能性がゼロではないしね」(29歳/金融)

「まずは友達としてスタートするのが無難かな。付き合うなら長く付き合いたいしね」(25歳/IT)

当たり前の話ではありますが、改めて言われるとちょっぴり寂しい気がする“トモダチ”関係。真面目な男性ほど、少しずつ距離を縮めていきたいと思っているようです。

たとえカレに「仲良しの友達」と言われても落ち込まず、今まで通りの関係を続けていきましょう。デートを重ねるうちに、自然と二人の絆は深まってくるはずですよ。

2.たまたま暇だったから

「暇つぶしって言ったら失礼だけど、週末の予定がないとオッケーする確率が高い」(30歳/メーカー)

「急に出張がなくなったり、失恋したばかりだったり。たまたま時間ができたときは、デートでもしようかなと思う」(25歳/保険)

週末の予定がないと、なんともいえない焦りを感じるのは、男性も同じ!嫌いな相手ではなくスケジュールに余裕があったら、“なんとなく”オッケーしてしまうことが多いといいます。

ただし、「近場に限る」という意見もチラホラ…。デートに応じてもらえたからといって、過度な期待をしない方がよさそうですね。

3.奢ってもらえそうだったから

「前回のデートのとき、『私からお誘いしたので…』って奢ってもらったから、今回もタダ食いできるかも…と期待してオッケーしたことがある』(29歳/建築)

「金欠の月末なんかに誘われると、ラッキー! 『今度奢るから、ごめん』って謝ってでも、奢ってもらう」(22歳/学生)

ワリカンどころか女に奢らせるの!?と、ダメ出しされること間違いなしの意見がズラリ。全額奢ってもらおうと思っていなくても、「多く飲み食いして、割り勘で済ませたい」なんてセコイ男性が意外と多いことがわかりました。

「私が払っておくね」「今日はいいよ」なんて軽々しくカレにお金を出さない方がいいかもしれません。いつのまにか立派なヒモ男を育ててしまいますよ。

4.行きたい場所だったから

「男ひとりでは行きづらい場所だったら、喜んでついて行くかな」(30歳/公務員)

「ちょうど観たいと思っていた映画に誘われて、一緒に行ったことがある」(26歳/医療)

男だけでは入りづらい場所でも、女性と一緒なら人目を気にせず楽しめちゃう!そんなデートスポットに誘われたら、男性は迷わずオッケーしてしまうといいます。

つまり、フェスやテーマパークなど、カレが興味のある場所を先回りしてリサーチすれば、一緒に行ける可能性がぐっと高まるということ。とにかくふたりになるチャンスを作りたいときに、実践してみてはいかがですか?

おわりに

「奢ってもらえそう」という理由を除いて、デートに応じてくれたということは、あなたに交際のチャンスがあるということです。すぐに結果を求めずに、気長にカレと向き合ってみてはいかがですか?(mook/ライター)

(参考)
/ 気のない男性からのデートに行く理由ランキング - gooランキング
http.//ranking.goo.ne.jp/ranking/category/999/s_life_CareQixCL3lH_all/

(ハウコレ編集部)

関連記事