2016.08.01

はがれにくさ満点!しっかり長持ちするネイルチップのつけ方

デザインのバリエーションも豊富で、ついつい集めてしまうネイルチップ。簡単につけたり外したりできて、とても便利ですよね。

ふとした時に取れてしまうこともありますが、しっかり取れないようにくっつけると、指先に気を使うこともなくなります!今回は、ネイルチップが長持ちする方法をご紹介します。

・ベースの自爪ケアをしっかり

ネイルチップを長持ちさせるためには、まずしっかりとくっつけないといけません。しかし土台となる自爪がしっかりとケアされていなければ、ネイルチップの寿命は縮んでしまいます。

ネイルチップ用のテープを貼る前に、自爪の表面の汚れをきれいにしておきましょう。油分を含まないリムーバーで優しくふき取ると、きれいになってテープがはがれにくくなりますよ。見落としがちなひと手間ですが重要な作業なので、毎回忘れないようにしましょう。

・自爪とネイルチップ、合ってる?

かわいい!とデザインに一目ぼれして買ってきたネイルチップでも、自爪のサイズと合っていなければすぐに取れてしまって、意味がありません。大きさや長さはもちろんですが、以外と重要なのが、カーブのキツさと横幅の調整です。

カーブの調整は、爪の根元部分と合わせるようにしましょう。ネイルファイルと呼ばれる爪用やすりで、根気よく削りながら調整していきます。
しっかり調整できたら、自爪とも自然になじむネイルチップの完成です!

・思い切りの良さがポイント!

両面テープでネイルチップを貼る場合は、まずテープを自爪のサイズにカット。両面テープは、しっかりとくっつくように粘着力の強いものを選んでくださいね。

サイズ調整をしたら自爪に貼るのですが、その時にちゅうちょせず一発で貼ってしまうことがポイント!一回貼ってしまったあとに場所調節のためにはがしてしまうと、一気に粘着力が弱まってしまいます。貼る時は、一回勝負です。貼る場所に狙いを定めて貼るようにしましょう。

・お風呂上がりがベストタイミング

ネイルチップをつけるのに最適な時間帯があるの、ご存知ですか?それはお風呂上がり!

実はネイルチップがくっつきやすいのは柔らかい状態の爪。お風呂上がりは手がふやけていて、最適のタイミングと言えるのです。しかも清潔になっている状態なのでベストですよね。夜、お風呂から上がって寝るまでのほっこりタイムに、ネイルタイムを持ってくると、しっかりくっついた状態で朝を迎えられます。

・指先の心配から解放

しっかりとネイルチップがくっついていると、いつも指先を心配する必要がなくなります。ネイルチップ紛失の心配も減り、仕事や遊びに集中できますね。ネイルチップでオシャレな指先を楽しんでください。(夏目悠/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事