2016.08.03

「これって別れの予感…?」彼氏が不安を感じてしまう彼女の行動

付き合いも長くなってくると、相手が今でも自分のことを好きでいてくれているのか、不安や心配になってしまうこともありますよね。

実は男性も何気ない彼女の行動を見て、「もう俺のこと好きじゃないのかな?」と思ってしまうこともあるようです。

そこで今回は、彼氏が思わず不安を感じてしまう彼女の行動を紹介します。

1.「ドタキャン」が多い

「デートの約束をドタキャンされることが多くなると、かなり不安を感じますね」(28歳/調理師)

「俺よりも友達との遊びを優先されると、愛情が冷めたように感じちゃいます」(31歳/エンジニア)

自分の優先順位が下がってくると、そりゃ不安にもなりますよね。
愛情や思いが冷めてきているようにも感じちゃうでしょう。
しかも、当日になってのドタキャンが増えてきたら、大事にされている感じまでもなくなってくるので、男性はもう別れの予感すらしちゃっているかも。

2.「連絡」をあまりしてこない

「連絡の回数が減ってきたら、飽きられたんだろうなって、なんとなく察します」(29歳/広告)

「女の子は興味がなくなってくると、連絡もあまりしてこなくなりますね」(29歳/アパレル)

「もう好きじゃないのかも…」と男性が一番感じるのが、連絡の回数。
付き合った当初は毎日何回も連絡をしてきたのに、数日連絡がなくても平気になってきたら、誰だって飽きられていると感じるもの。
連絡が多すぎるのも嫌われますが、あまりに連絡がなくなると、今度は愛情が冷めたと思われてしまいますよ。

3.「看病」をしてくれない

「風邪で寝込んでも、何もしてくれなくなったときは、はっきりと終わりを感じました」(28歳/公務員)

「体調が悪いときに冷たくされると、確実にこっちの愛も冷めますね」(26歳/不動産)

男性が「彼女がいてよかった~!」と思う瞬間、または「彼女がほしい…」と思う瞬間は、何と言っても体調が悪くてダウンをしたとき。
優しく看病をされたときにこそ、男性は大きな愛情を感じるものです。

だからこそ、体調不良のときに冷たい扱いをする彼女からは、愛情を一切感じられない。
男性が「こんな子、彼女にするんじゃなかった」と思う瞬間でもあるでしょう。

4.「目が合う」回数が減った

「こっちの話をうわの空で聞くことが多くなると、興味がなくなったんだと思っちゃいますね」(31歳/営業)

「会話中に目が合わなくなると、ものすごく嫌な気分にさせられますね」(28歳/商社)

会話をしていても目が合わない。
これはかなり冷たい態度として取られてしまいます。

彼氏の話に適当な相づちを打ったり、うわの空で話を聞いていたりしたら、「俺にはもう興味がないんだな」と思われてしまうだけ。
なんだかもう破局寸前のカップルのような気分になっちゃうでしょうね。

おわりに

ちゃんとした愛情表現をたまにはしてあげないと、男性は知らず知らずのうちに傷ついてしまっているものです。

付き合いが長くなったとしても、ちゃんと思いやりは持ってあげるようにするべきですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事