2016.08.06

結婚したいなら今すぐやるべき「彼の結婚意欲を高める行動」

お付き合いも長くなってきたのに、なかなか結婚できないという悩みを抱えている女性は少なくないはず。

でも悩んでいるだけでは何も変わりませんから、彼氏からのプロポーズをただ待っているだけではなく、結婚をちゃんと意識させるように行動することも重要でしょう。

そこで今回は、彼氏に「結婚」を意識させる彼女の行動を紹介します。

1.前もって「期限」を告げる

「『30歳までには結婚したいから』ってちゃんと彼に言っておいたので、結婚できました」(31歳/IT)

「ちゃんと期限を決めて付き合っている人は、結婚できている人が多い気がします」(25歳/出版)

お付き合いが長くなればなるほど、結婚のタイミングも逃しやすい。
一緒にいるのが当たり前になりすぎて、結婚という形を取らなくてもいいような気になっちゃうかも…。
後々になってやり過ごされないように、「私は30歳までには絶対に結婚したいから」などと、前もってちゃんと期限は告げておくべきでしょう。
それでも決意してくれないような男性ならば、逆に結婚しない方がいいのかもしれませんね。

2.友人の「結婚式」に一緒に参加する

「共通の友達の結婚式に参加すると、多少は男性も結婚を意識してくれるようになりやすいですよ」(27歳/広告代理店)

「親しい友人の結婚式に出ると、男性も結婚を考えるキッカケになってくれますよ」(28歳/WEBデザイナー)

「結婚」を意識するようになる大きなキッカケの一つが、周りの友人たちが結婚し始めること。それは男性だって一緒です。
なので、彼氏との共通の友人の「結婚式」に一緒に参列すると、「俺も考え始めなきゃかな」なんて思ってくれやすいです。
式からの帰り道で、「私も結婚したいな~」とそれとなくつぶやいてみるのも効果的かも。

3.彼の「両親」と仲良くする

「両親と仲良くなれると、嫁としてOKをもらえたような感じにもなるので、かなり大きいかも」(28歳/飲食)

「周りから固めるための最善の手段が、ご両親と仲良くなっちゃうことだと思います」(26歳/アパレル)

「結婚」はふたりだけの問題ではなく、お互いの家族同士の問題でもあります。
彼が煮え切らないのであれば、先に彼の両親と仲良くなってしまうのも一つの手かも。
自分の両親と仲良くしている彼女を見たら、男性はまるであなたが奥さんかのような錯覚にも陥りやすいですよ。

4.「逆プロポーズ」をする

「なかなか決断してくれない男性には、女性の方からプロポーズしちゃうのもありだと思う」(31歳/営業)

「逆プロポーズをして結婚をしたという女性が周りにけっこういるので、アリなのかもですね」(28歳/歯科助手)

どうしても男性が「結婚」を決意してくれない場合。
「期限」を決めてもそれを守ってくれなかった場合。
そんなときは、もう別れる覚悟で、女性からプロポーズしちゃうのもアリでしょう。
それでも彼が踏み切ってくれないのであれば、別の相手を探すキッカケにもなるかもしれませんよ。

おわりに

やりすぎは禁物ですが、多少は女性の方からも「結婚」を意識させるような行動を取るのはアリでしょう。ダラダラと時間だけが過ぎてしまわないようには、気をつけるべきですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事