2016.08.07

夏はやっぱり明るくしたい!ハイトーンカラーが引き立つ最旬髪型

夏が来たらやっぱり挑戦したいハイトーンカラー。髪が明るいと気持ちも明るくワクワクしちゃいますよね。でも今の髪型のままハイトーンにしても大丈夫?明るい髪色に似合う髪型があるのをご存知でしょうか。

今回はハイトーンカラーが引き立つ最旬髪型をご紹介いたします。

切りっぱなしロブ

海外セレブの間でも最旬で人気沸騰中の「切りっぱなしロブ」。ロブとは、ボブより長めでミディアムより短めの長さのヘアスタイルのこと。中でもとくに、パツンとしたカットで切りっぱなしにした雰囲気の髪型のことを、切りっぱなしロブといいます。ナチュラルで自然体のヘアスタイルが特徴で、全体をハイトーンにしてもグッド!グラデーションでハイトーンを入れたり、ハイライトカラーにハイトーンを入れたりすると外人風にさらにおしゃれに仕上がります。

色が明るいぶん、ただゴムで結ぶアレンジだけでも素敵に見えますよ!

やっぱりショートがいい!

ハイトーンにはやっぱりショートが似合います。ショートをハイトーンにすることで立体感が出て動きが出やすくなります。さらに日本人の顔や肌色には、ロングでハイトーンだと少し髪型だけ浮いて見えてしまいますが、ショートだとその心配がありません。

ハイトーンとショートの組み合わせは、ボーイッシュ&かわいいを演出できる最旬の髪型といえるでしょう。ベリーショートから長めショート、前下がりショートなど、いろいろなバリエーションで髪型とハイトーンを合わせてみてください。

モードなマッシュ

雰囲気のある髪型で人気のマッシュカット。おしゃれさんたちにとって定番の髪型でもありますよね。重たい印象のあるマッシュとハイトーンを組み合わせることで、中性的でモード感あふれる、個性的なおしゃれさんになれちゃいます。

短めマッシュにするとスポーティなさわやかさを演出できるし、逆に長めマッシュだと女性らしさが出せます。髪の長さに合わせて、マッシュの形にもこだわってみてくださいね。毛先にパーマをかけてつくれば、毎日のヘアセットが楽なのも人気の秘訣です。

旬のレイヤーカット

レイヤーカットとは、段をつけた髪型のことを指します。重たさを感じる髪にも自然な軽さを演出できるレイヤーカットと、ハイトーンの相性はバッチリで、人気の組み合わせです!

これなら髪を伸ばしたままハイトーンを楽しむことができますね。セミロングやボブの人もレイヤーを入れるだけで動きが出て、ハイトーンカラーをさらに際立たせてくれます。

自分の肌の色に合うカラーを!

ハイトーンカラーには金髪、ベージュ系、コーラル、アッシュ、レッドなど様々なカラーがあります。自分の肌の色に合うハイトーンカラーを美容師さんと相談し、この夏最旬の髪型を楽しんでみてはいかかがでしょうか!(河野ヘレン/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事