2016.08.09

女の闇は深いもの…ドン引きされる「汚部屋」の認定基準って?

「汚部屋」なんていわれても、どうせみんな汚いもんでしょ?なんてたかをくくっちゃいけません。

男子の視線をあなどるなかれ。生理的にムリ、なんて思われたくないならば、当てはまらないことを祈りつつ「汚部屋認定基準」を読み進めてみてください。

飲みかけペットボトル

「まるで道路や塀の上にある猫よけ用のペットボトルみたいに、部屋中に飲みかけのペットボトルおいてあんの。『これ、まだ飲めるから』って臭いかぎながら言ってたけど犬かよ…。」(23歳/専門職)

一人暮らしでお金もカツカツ生活なあなただったら、節約しようと思って2リットルペットボトルを購入していることでしょう。毎回冷蔵庫から出して、コップについで飲むのなら問題ありません。というか、普通はそうですからね。

でも、部屋にペットボトルを置きっぱなしで直飲みしている怠惰なあなた!ちょっと待った!口つけて飲んでると、劣化が早い早い。特に夏の気温では、雑菌の繁殖に拍車がかかります。これでは汚部屋認定ですよ。

ベッドのまわりに生活ゴミ

「コンビニ弁当のゴミとかがベッドの周りにおいてあってマジ引いた。ゴミ箱まで50cmもねーじゃん、歩けよ…」(25歳/商社)

仕事やバイトが終わって、家に帰ると23時…。これから夕ごはん、となるならば、お世話になるのがコンビニですよね。最近はメニューも多いし、ちょくちょく食べても飽きないですけど、ベッドで食べたり、ゴミをベッドの近くに放置するのは違いますよ。

小さいころ、「寝食分離」って習いませんでしたか?これ、精神衛生上最低レベルのお話なので、ぜひ守りましょうね。ベッドでごはんを食べることに慣れてしまった生活は、寝たきりと変わりませんよ。

排水口まわりのにおい

「皿でも洗ってあげようと思ってキッチンの水流したら、この世のものじゃないにおいで『ウッ…』。風呂に至っては栓してないのにお湯溜まってたよ…。」(19歳/飲食店)

これは筆者も一人暮らしが長いですから、あの排水口に手を突っ込むことを考えただけで寒気がするのはわかります。

でもですよ?これ、よく考えたら、彼(でないにしても異性)を部屋に呼んでるときにこの状態、ということですよね?彼だってあなたの抜け落ちて腐った排水口の髪の毛まで愛せないですって…。
せめて、せめて月1ぐらいはやる気になりましょうね。ビニール袋を手に巻いて、輪ゴムで手首をしばったら、完全防備で手も汚れませんからね。

ぬいぐるみとかがクタクタになっている

「ぬいぐるみがその辺にある時点でまず、いい歳こいて、って思うけど、その子らが潰れた状態だったら一層無理だわ。どんだけの力で抱いてんだよ…てかクサそう…。」(27歳/不動産)

ぬいぐるみ好きは女子ならではだと思うんですけど、意外とゴミ溜まってるし見た目も悪いんですよね、これが。たとえばですけど、友達が抱きながら寝てるぬいぐるみ、あなたは抱いて寝れます?それと一緒なんです。

愛着のあるぬいぐるみこそ特に他人から見るとみすぼらしい、という傾向があるので、天日干ししたり、薄めた中性洗剤で洗ってあげましょう。

使い込んでいて汚い布団

「寝るとき人間ってめちゃくちゃ汗かいてるって知らないのかな?!自分はいいかも知んないけど、せっかくちょっといいかもと思って遊びに行ってんのにやる気起きないねー。」(22歳/大学生)

男性は、女性の寝床に興味津々。それがつぶれたうっすーい布団で、しかも結構体臭がしみ込んでるなんてものだったら、ガン萎えしちゃうみたいです。
そう思われなくとも、布団はいつも湿気を帯びていて、ダニの温床になっているもの。あなたのデリケートなお肌が心配ですから、ちゃんとベランダで干しましょう。

一気にじゃなくてもいい

でも、「掃除するのが苦手」だから汚くなっちゃうのに、「掃除して」なんて言われても無理に等しいですよね。一気にきれいにしたところで、また元に戻ってしまうのはわかりきっています。

一歩ずつでいいので、まずはゴミを出すところからはじめましょう!彼氏を呼んでも恥ずかしくないくらいの最低限のきれいさがあれば、女子としてもっと自信満々でいられるはず。(ciel/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事