2016.08.11

体型別に似合うガウチョが違う!? トレンドのガウチョパンツの選び方

2015年に引き続き2016年も流行中のガウチョパンツ。カジュアルコーデから、きれいめコーデまで幅広く使えて大人気のアイテムですよね。

「自分の体型には似合わないかも…」なんて思っている人も、すぐに買いに行きたくなる体型別の選び方のポイントをまとめてみました!

下半身が気になる人には「ハリのある生地」

下半身が太って見えそうでイヤ!という人にほどおすすめしたいガウチョパンツ。体型のコンプレックスをきれいに隠し、着やせして見せることができます。ポイントは素材と丈。ハリのある生地を選ぶと、脚のラインが出にくいので体型カバーができるんです!丈の短めのものを選んで、足首を見せると脚全体が細く見えます。

柄はピンストライプなどがスッキリして見えるのでおすすめです。上下を同色で合わせる縦長コーデも着やせ効果がありますよ!

身長が低めの人には「ミモレ丈」

小さい人にはバランスが難しそうなガウチョパンツも、長さに気を付けて選べばスタイルよく着こなせます。ミモレ丈のものを選んで、トップスはインにしてみましょう。ヒールをはくとスタイルアップ効果が期待できます。柄物を選ぶときは、大きい柄は避けましょう。スニーカーを合わせたカジュアルコーデも、ひざ丈のものを選べばキュートに決まります。ハットやキャップなどで見る人の目線を上に集めるのも効果的ですよ。

高身長さんには「ひざ下丈より長いもの」

背が高いと何でも着こなせそうなイメージですが、ピッタリ似合うガウチョパンツを選ぶとさらにスタイルよく見せることができますよ。ひざ丈の長さだと、キュロットのようにも見えてしまうので少し中途半端な印象。ひざ下丈の、裾が広がり過ぎないものを選ぶとGOODです。長い丈のガウチョパンツをはいても、スッキリ見えるのが高身長さんの強み!歩くと揺れる柔らかい素材のものを選んで、女性らしさを引き立たせましょう。

ガッチリ体型の人には「硬めの素材」

ガッチリ体型をさらに強調しそうで挑戦できない人も、スリムに見せてくれるガウチョパンツはあります!しっかりとした硬めの素材のものを選ぶと、体のラインにほどよく沿うので気になる部分をカバーできますよ。フレアスカートのように見えるものを選んで、ウエストのくびれを強調させても女性らしい印象に。ロングカーディガンをはおったり、同系色でコーデをまとめたり、縦のラインを意識してすっきり見せるのがポイントです。

今年もおしゃれに着こなそう!

体型にぴったりのガウチョを見つけよう長さ、素材、色や柄などたくさんの種類があるので、どんな体型の方でも似合うガウチョパンツは必ずあります!上手に選んで、コンプレックスをカバーしましょうね。(佐々木里香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事