2016.08.13

周囲も納得のプロ彼女に!男がつい自慢したくなる彼女の特徴

付き合っている彼が身の回りの人に、自分のことを自慢してくれていたら、とても嬉しいですよね。それだけ彼に愛情がある証拠と感じられて、ますます彼に対する思いが強くなる女子もいるのでは?

でも、大抵の場合、恋人ができたら、周囲に自慢するのはせいぜい数か月から数年です。付き合いが長くなっても「俺の彼女」と、自信を持って紹介できる女性にはある共通点があるように思います。今回は、男性がつい自慢したくなる彼女の特徴をご紹介します。

1.性格美人である

「まず、一緒にいて楽しい。隠し事をせず、なんでも話せる。そんな自分を彼女が丸々受け入れてくれて、ときにはフォローしてくれたら、もう言うことナシの完璧彼女だと思う」(25歳/男性/販売)

恋愛は楽しくなければ、関係が続かないものです。かといって、一緒にいてドキドキする関係だけでは、時間とともにふたりの付き合いに物足りなさを感じるようになるでしょう。そこでさらにもう一歩、踏み込んだ信頼関係を築くことが大切です。

たとえば仕事の考え方、将来のビジョンの話が彼から出てきたら、自分の意見を押し通す前に、一旦は彼の意見を尊重してあげる。好意的に受け止めてあげられる姿勢が意識できれば、彼は理解ある彼女だなあと感じて、つい自慢したくなってしまうでしょう。

2.考えを察することができる

「男同士の関係の築き方ってあると思うんだけど。お互いに黙っていても、相手の気持ちが伝わるみたいな?彼女ともそれができると、自慢だし、人生のパートナーとしても考えたくなるだろうな」(23歳/男性/大学院生)

男友達との遊びと、彼女とのデートを割り切って考えている男性って少なくないようです。よく「男性は釣った魚に餌をやらない」と言いますが、男性は女性よりも恋愛感情が落ち着いてくるのが早いため、彼女と過ごすこと以外にも楽しみを持ちたい人が多いのです。

そんな男心を理解しつつも、彼との信頼を少しずつ培っていける彼女なら、彼が自慢したくなる唯一無二の存在になれるはず。そのためには、まず彼がいま何を考えていて、何をしたがっているのか。それとなく観察しながらフォローしましょう。

そうしていくうちに、彼はあなたのことを彼女から良きパートナーとして感じられ、ふたりの関係にさらなる特別感を抱くようになると思います。

3.お互いに何があっても両想いである

「本当に相手を想う気持ちって、お互い一緒にいればわかるよな。何があっても好きって実感できるし、周りから何を言われても、その気持ちは変わらないと思う」(23歳/男性/サービス)

お互いに心から両想いで、好きという確かな気持ちがある場合は、たとえ彼女の容姿が普通だろうが、多少生活がきつかろうがふたりの愛情にとっては関係ないものです。彼女が自分のことを好んでくれて、俺も同じように彼女のことが好き。

そんな単純でわかりやすい気持ちが、彼にとってはすごく嬉しく、人に自慢したい気持ちに駆られるようです。

4.彼のことを信じている

「俺の幸せを願ってくれていて、大きな信頼を寄せてくれる子かな。『●●は本当は頭がいいのにね』『根は真面目でしょ?』とか、それとなく気づかせてくれる子だと、その子のために頑張ろうって思う」(24歳/男性/大学院生)

仕事で落ち込んでいたり、調子が悪いときに「●●ならきっとできるよ」と最後まで応援してくれる人って、本当に想ってくれている人でなければできないことですよね。

相手にそうした自分を信じてくれる気持ちがあると、恋人のために頑張ろうというモチベーションにつながり、「お前がいなきゃ俺はダメだ!」とぞっこんされるのかもしれません。そうすると、おのずと身の回りの人たちにも彼女の話をする機会が増えるのでしょうね。

おわりに

ノロケるカップルはたくさんいますが、周りが「ああ、いい関係だなあ」と感じられるカップルは数が限られるもの。ぜひあなたもその仲間入りを果たせられるよう、これらのポイントに意識してみてください。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事