2016.08.12

手ぐしでかきあげるのがトレンドの「おフェロ」!アップバングヘアの魅力とは

2016年のトレンドはアップバングヘア。

女性タレントの中村アンさんから火がつき、通称「かきあげヘア」とも呼ばれます。クールな女性の色気を演出してくれる、アップバングヘアの魅力に迫ります!

■アップバングヘアのつくりかた

アップバングヘアにまず必要なのが、ドライヤー、ヘアワックス(ヘアスプレー)です。
すべての前髪をまっすぐにもちあげて、根元からドライヤーの温風をあてます。温風の後に冷風で、しっかりと固定してからヘアワックスを2~3cm程度ぬりましょう。ヘアワックスをぬった部分が土台になり、立ち上げる前髪の長さになります。前髪のトップを高くしたい人は、根元から長めにヘアワックスをぬるといいでしょう。あらかじめドライヤーで固定してはありますが、再度前髪の流れをととのえて完成です。

■センターパーツかサイド寄せか

よく見るアップバングヘアは、片方分け。片側に前髪を流したヘアスタイルです。アップバングヘアにはもう1種類、センターパーツといういわゆる真ん中分けのヘアスタイルがあります。より小顔に見えるのは、センターパーツのアップバングヘア。前髪で顔まわりを隠しつつ丸くかこむため、小さく見えるのです。

トップがヘタりやすいセンターパーツの場合は、ドライヤーよりもコテの方がヘアスタイルをつくりやすいでしょう。毛先は外巻き・内巻きを組み合わせれば、より自然な雰囲気に。めんどくさがり屋さんはヘアバンドをしばらくつけておけば、型がつくのでワックスやスプレーをするだけになります。

■手ぐしでセクシーにリセット可能

アップバングヘアは、髪質がやわらかい人だと崩れやすいと思われがちですが、それも色気を出すために、むしろプラスに機能するんです!崩れてきても、自分で手ぐしでなおせるのがこのヘアスタイル。崩れる回数が多ければ、それだけかきあげるタイミングが多いということです。本格的にアップバングヘアをなおす場合には、化粧室へ足を運んでからにしましょう。

コットンにヘアピン、小さな携帯用のヘアスプレーをカバンに常に入れておくといいですよ。なおし方は、前髪をふたつに分けて、コットンではさみます。前髪をクルッと上向きにして、コットンのうえからヘアピンで留めて、くせをつけるだけ。とっても簡単になおせちゃうのも魅力のひとつです。

■くせ毛を活かせるアップバング

くせ毛の人はヘアスタイルに悩みますよね?実はアップバングヘアは、くせ毛の方がスタイルをつくりやすいんです!くせのある髪は、キープ力が高く、髪型を長時間維持してくれます。ドライヤーで若干の調整が必要ですが、くせ毛のお悩みを解消できちゃうヘアスタイルなんです。くせ毛のアップバングヘアは、スタイル時間も短縮できて、より自然な流れになるのでおすすめですよ。

■アップバングでオトナ感を出そう

トレンドのアップバングヘアは、大人の「おフェロ」を演出してくれます。額を出すことで、表情もわかりやすくなりますよ。かきあげる仕草とときどきちらりと見えるうなじで、男性をメロメロにしちゃいましょう!(河野ヘレン/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事