2016.08.13

日本にいながらオランダ旅行気分!長崎ハウステンボスの楽しみ方

綺麗な町並み、可愛い雑貨。ヨーロッパ旅行って、憧れますよね。でも、まとまった休みもとれなければお金もない。そんな時におすすめのスポットが、長崎のハウステンボスです。

長崎・ハウステンボスは、主にオランダの街並みを再現したテーマパークです。パーク内もまるでヨーロッパのような景色が広がります。日本にいながらヨーロッパ旅行気分が味わえる、ハウステンボスの楽しみ方をご紹介します。

☆自由に散策!「ワンダーホイール」

長崎ハウステンボスでは、パーク内を自由に散策できるエアホイールの操作講習・レンタルを行っています。エアホイールとは、立ったまま乗る操縦型の2輪ロボット。セグウェイのようなものです。歩いて散策するのも楽しいですが、エアホイールなら操作に慣れれば、好きな場所へと楽に移動することができます。散策するのとは一味違った景色を見ることができますよ。

☆オランダっぽさ満喫!「カヌー」

長崎ハウステンボスは海に面した場所にあります。カヌーは、この特徴を最大限に活かしたアクティビティ。実際のオランダは海に面した国で、運河がいくつもあるという点と似通っていますね。きらきらと輝く水面とともに、まるでヨーロッパのような建物を眺めることができます。また、時間帯によって雰囲気が違うのも特徴的です。パーク開園前の運河を独り占めできる早朝カヌー、日没後に美しくライトアップされたパークを見ながらロマンチックにめぐるナイトカヌー。どちらも思い出に残る体験になります。

☆オランダの宮殿を再現「パレス ハウステンボス」

実際にオランダにある建物を再現したのが「パレス ハウステンボス」。ハウステンボスのシンボル的存在です。オランダ王室から特別に許可を得て、王女の住まいである宮殿を忠実に再現しています。インテリアにもこだわりっており、18世紀にロッテルダムの紡績商が美術品収納に使ったティールームを再現した「18世紀の時代部屋」は必見です。宮殿の後ろに広がる、バロック式の庭園も美しい場所です。ここはぜひ、写真を撮っておきたいですね!なんだかお姫様気分になれちゃいますよ。

☆テーマパーク内の美術館「ハウステンボス美術館」

「パレス ハウステンボス」内にある美術館も、オランダ気分に浸りたいなら外せません。「ハウステンボス美術館」は素敵なデザインの部屋で、世界の美術品を集めた企画展が行われています。企画展の内容によって展示物が変わるので、ホームページのチェックは必須です。オランダにまつわるコレクションとして、有名なレンブラントの銅版画があります。ハウステンボス美術館は貴重な銅板そのものを所持しているので、せっかく行ったなら見ておきたいですね。

☆今週末はハウステンボスへ!

長崎ハウステンボスでは、少しの休みがあれば気軽にプチヨーロッパ旅行気分が味わえます。長崎周辺の人はもちろん、長崎旅行の予定に組み込むも良し。週末旅行にもぴったりなテーマパークですよ!(カジヤマシオリ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事