2016.08.13

暗がりで彼に密着♪「お化け屋敷」での可愛い怖がり方4パターン

暑~い夏にピッタリなものといえば、ヒンヤリゾワワッとする“お化け屋敷”ですよね!
「いーじゃん、入ろうよ♪」なんてノリノリな彼に連れられて、無理やりお化け屋敷に入る女性も多いかと思います。
そんな彼女に課せられた使命は、お化けが出てきたときに「可愛い女の子の反応」をすることです!驚きのあまり「ウオッ!」と雄たけびをあげることのないよう、今のうちに「お化け屋敷での可愛い怖がり方」を学んでおきましょう。

1.彼の腕にしがみつく

「やっぱりビックリしたときには腕にくっついてきてくれるとサイコー。そのためにお化け屋敷入ってるようなもんだよね(笑)」(19歳/大学生)

男性は、女性お化け屋敷に入るときには、怖さを純粋に楽しもうとは思っていないでしょう。目的といえばただひとつ!!「女性が怖がれば、あわよくばボディタッチのチャンスがあるかもしれないから」です。

ですから、女性としてもここはその考えに思い切り乗っかって「キャー!」と叫びながら男性の腕にしがみついてしまいましょう。怖がるあなたを「可愛いな~守ってあげたいな~」と思ってくれるはずですよ。

2.あえての無言…

「一緒に入ったなかで意外と可愛かったのが、ビビリすぎてしゃべれなくなっちゃってる子。『怖い?』って聞いたら無言&高速でうなずいてて思わず笑っちゃった」(26歳/IT)

怖がるあまりもはや声も出ない…そんなか弱い女性の姿にちょっとクスッとしつつも「可愛いなあ~」と感じる男性もいるのだとか。ちょっと口下手な女性ならこの怖がり方が正解かもしれませんね。

3.「怖くないから!」と強がる

「彼女と前にお化け屋敷入ったときに、『いやいや、怖くないから!』ってひたすら言ってて。でも結局、お化けが襲ってきたときはめっちゃビビってたし、終始無理してしゃべってたのがなんか可愛かった(笑)」(23歳/百貨店)

単に怖がるだけでなく、ちょっと強がる姿を見せると、男性の心をうまく掴めるようです。ポイントは、「ただ強がるだけじゃダメ」ということ。強がって、でも結局は怖がってしまうその「やっぱ俺がいないとダメじゃ~ん」感が男性をキュンとさせるのです。
また、驚くときには「彼の腕にしがみつく」もあわせて使ってみると、より効果的かもしれません。

4.逆に彼を驚かす

「俺お化け屋敷けっこう得意であまり怖がらなかったんだけど、そしたら彼女が『わー!!怖くないの?』とか言いながら驚かしてきて、何やってんだと思いつつもそのしぐさに胸キュンしてしまいました(笑)」(26歳/建築業)

なんとも茶目っ気たっぷりなエピソードですね!お化け屋敷に入っても心に余裕があるあなたなら、彼を驚かしてみちゃいましょう。手を広げて「わ~っ!」と叫んでみたら、はしゃぐあなたに彼がキュンとしてくれるかもしれません。ただし、ビビリな彼なら驚かすのはやめましょうね。あなたも彼のふがいない姿を見ることになりますし、彼もそういった姿を見られたことで落ち込んでしまいますよ。

おわりに

いかがでしたか?怖がり方ひとつとっても、さまざまなパターンがありますね。
お化け屋敷は暗くて狭くて彼との距離を縮められるデートにはピッタリの空間です。くれぐれも“本物”に出会わないように注意しながら、良い思い出をつくってくださいね…。(豆つきモヤシ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事