2011.07.08

野菜を食べて体をクールダウンさせる方法



一年を通して、いつでも同じ野菜が食べられるようになった今、「旬」を気にせずに野菜を選んでいる人も多いと思います。

でも、野菜にはそれぞれいろいろな効果があって、例えば昔から「夏野菜は体を冷やす効果がある」と言われています。

なので、あつ〜い夏を涼しく過ごすためにも、積極的に旬の夏野菜をとっていきたいものです。そこで今回、おすすめの夏野菜や食べる時のポイントを紹介します。

ポイントは「カリウム」

夏野菜には「カリウム」という成分が多く含まれていて、これが体を冷やすのに一役買っています。

この「カリウム」は、尿の排出を促して、体の余分な熱を逃がす働きがあるのです。この成分の他にも、夏野菜には水分を多く含むものが多く、体温を下げる助けをします。

おすすめの夏野菜

◎キュウリ
夏野菜の定番。カリウムが特に豊富に含まれています。

◎トマト
体を冷やすだけでなく、抗酸化作用のあるリコピンや、ビタミンC、カルシウムなどを含みます。

◎ゴーヤ
ビタミンCがきゅうりの約10倍で、ビタミンB1、ミネラルも豊富。夏バテ予防にも効果的です。

◎南国系の果物
バナナやメロン、パイナップルも、体を冷やす効果があると言われています。

体を温めてしまう食材は避けてみる

冬にはありがたい、体を温める食材ですが、体を冷やしたい時には避けた方がいいかも知れません。

カボチャやニンジンなど、土の中にできる野菜が代表的。ほかにも、ショウガやトウガラシなども体を温める効果があります。

生のまま食べよう

熱を加えると、「カリウム」は失われてしまいがちなので、生で食べるのがおすすめ。冷水や氷などに入れておくとより一層、ひんやりおいしく食べれます。

お酢と一緒に

お酢は体を温める硬貨があると勘違いしている人も多いようですが、実は体を冷やす効果があると言われています。



そこで、キュウリの酢漬けなどを食べれば、さらに体の熱を逃がすことができるはず。

さらに、砂糖も体を冷やす力があるので、料理の隠し味に加えてみてはどうでしょうか?

関連キーワード

関連記事