2016.08.17

難しい?実は簡単にできる!「編みこみカチューシャ」でイメチェンアレンジ

ショートやボブの方でも簡単にできるヘアアレンジが、自分の髪をカチューシャ代わりにアレンジする「編みこみカチューシャ」です。

今さらだけど、どうやってするの?…という方に、実は簡単な「編みこみカチューシャ」の作り方をご紹介します。これを参考に、ヘアアレンジをどんどん楽しみましょう!

事前準備にしっかり「ブロッキング」する

編みこみをするときに大切になるのは、「ブロッキング」をしっかりとすること。編みこみたくない部分や前髪は、しっかりとダッカールなどでとめておきましょう。これをしっかりとしておくことで、他の髪を一緒に編みこんでしまうのを防ぎます。

、編みこみにする部分を左右どちらのサイドにするか決め、その部分の毛束をとって、頭頂部をとおるようにして逆方向に流してください。髪の毛を流した方向に頭をかたむけると、髪が元に戻らないのでやりやすいです。それでも毛が散ってしまう方は、ヘアクリームやワックスをなじませてまとめてから、編みこみを始めましょう。

編みこむときは、手を頭にくっつける

根元から髪の毛を流した方向へと編んでいきます。自分の髪を自分で編むのはちょっと大変なので、編みこみの作業は誰かに頼んでやってもらうと上手にできますよ!

このとき、手を頭にくっつけ、しっかりと引っぱりながら編みこんでいってもらいましょう。手と頭が離れていると隙間ができ、編みこみ部分がたるんでしまいます。編みこむ毛束の量は、好みと気分で変えてくださいね。太めの編みこみは小顔効果が期待できますし、細めの編みこみカチューシャを何本か重ねてもかわいいです。同じ編みこみカチューシャでも、毛の量を変えるだけでガラッと印象が変わりますよ。

「表編み」と「裏編み」を使い分ける




しっかりと引っぱりながら、編みこみはじめのところから反対側の耳の下まで編みこんだらOK!ピンでとめてもかわいいですし、毛先まで三つ編みにしてゴムで結ぶのもかわいいです。

また、編みこみには「表編み」と「裏編み」が存在します。ふんわりとした編みこみカチューシャを作りたい場合には「表編み」で、いつものように三つ編みしてください。くっきりと立体感のある編みこみカチューシャにしたい場合には、「裏編み」で、いつも上から重ねるように編んでいる外側の毛束を、下から持ってくるように編んでみましょう。服装に合わせて、ヘアアレンジができますよ。

編みこみカチューシャ応用編

ショートヘアの方は、アレンジが難しくマンネリ化しそうと思われがちですが、編みこみカチューシャの存在感でガラッと印象を変えることができます。アクセサリー無しでもかわいくきまるので、マンネリ化しそうなショートのヘアアレンジも簡単にできちゃいますよ!さらに、ミディアムヘアやロングヘアの方は、他の髪をアップにして、編みこみカチューシャとカチューシャをつけると華やかにきまります。

また、太めの編みこみカチューシャの毛先を三つ編みにして、リボンなどでとめるとお嬢様のような雰囲気になりますよ。

編みこみカチューシャでかわいくアレンジ!

同じ編みこみカチューシャでも、髪の長さや毛束にする毛の量でかなり印象が変わるので、いろいろなアレンジを楽しむことができます。上記を参考にあなたもぜひ挑戦してみてくださいね!(渡辺亜里沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事