2016.08.17

メイクくずれにはファンデ前の「ひと手間」が大事!初心者必見、メイク下地の選び方

夏は汗などでメイクくずれしやすい時期です。できれば、下地の段階からメイクくずれを防いで一日中きれいな肌でいたいですよね。

今回は夏におすすめしたい、メイクくずれを防ぐ化粧下地の選び方を解説いたします!メイク初心者でメイク基礎が分からない方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■化粧下地の役割

化粧下地とは、日焼け止めを塗った後と、ファンデーションを塗る間に使う化粧品のことです。下地にはいくつかの役割があることをご存知ですか?まず、肌のキメをなめらかにカバーしつつ、ファンデーションを密着させてくれることです。また乾燥や紫外線など、外からの刺激から肌を保護し、肌の色を明るく補正してくれる役割もあります。

ベースメイクでトータルのメイクの印象は8割決まると言われるほど、下地も含めたベースメイクはとても重要になります!

■美肌に見せる下地選び「肌色編」

下地の選び方で重要ポイントはふたつです。まず、自分の肌色になじむ下地の色を選ぶことです。

たとえば、色白肌の方には、血色を良く見せるようなピンク系、またはオレンジ系の化粧下地を選びます。黄色い肌の方は、同じ黄色のベースの下地を使うと、肌のくすみが目立ちにくくなりますよ。日焼けをした小麦色の肌には、グリーン系の下地を使うと肌の色が明るく見えます。

化粧下地の中には、コントロールカラーというものもあり、肌の悩みによって色を補正してくれるクリームも!化粧下地としても使用可能なので、上手に使い分けたいですね。

■美肌に見せる下地選び「肌質編」

次に、肌質に合ったものを選ぶことが重要です。初心者の方は、下地化粧品のパッケージに書かれている内容に注目しましょう。

たとえば、肌がテカりやすい人だったら、下地の油分が少ないタイプを選びます。また、乾燥肌の人は、塗ったときにしっとりと肌になじむものを選ぶといいでしょう。「肌色と肌質で下地を選ぶ」。このふたつの点をきっちり守ると、下地の後のファンデーションなどで色浮きしたりする、いわゆるメイクくずれが少なくなります。

■メイクくずれを防ぐ!下地の塗り方



メイクくずれしにくい下地の塗り方ですが、まず、適量を知ることが大事です。下地の量が少ないと、塗った後にムラが目立ちやすく、逆に多すぎると油分が肌に沢山ついてしまい、メイクくずれにつながります。

基本的な下地の量は、パール粒と同じ大きさと覚えてくださいね。手の甲にとった下地を額、目の下、あご、鼻筋にのせます。指を使って、肌の中心から外側に向けて伸ばしていった後に、スポンジでなじませましょう。指とスポンジのダブル使いが、下地塗りの成功の秘訣です。

■お肌に合った下地選びを!

化粧下地は、自分の肌に合ったものを選んで使用すると、ファンデーションを塗ったときの化粧くずれが最低限におさえられます肌質や肌色に合った化粧下地を選ぶようこころがけてくださいね!(Laule’a_hiro/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事