2016.08.18

変えるべきはアイシャドウ!メイク初心者さん必見の選び方、教えます!

メイク初心者さんにありがちな失敗は、アイシャドウを単色で済ませてしまうことと、似合わないカラーを無理して使ってしまうことです。

アイシャドウ選びを間違えてしまうと不自然ですし、目元の印象が薄くなり過ぎたりしてしまうこともあります。今までアイシャドウについて深く考えてこなかったという方は、もう一度復習の意味も込めてアイシャドウ選びを考えてみましょう。

■パレットタイプを選ぼう

メイク初心者さんであればなおさら、パレットタイプのアイシャドウがおすすめです。ただしパレットタイプといっても多色すぎるのはNG。ベストは3~4色くらいを備えたパレットです。

メイク初心者さんのやりがちな単色ぬりでは、目に奥行きが生まれません。単色タイプをいくつかチョイスする、という方法もありますが、そもそも似合うカラーをいくつかチョイスするのが難しいです。

それなら、はじめからメインカラーからハイライトカラーまで全てセットになったパレットがおすすめ、というわけです。

■ブラシやチップがついていると便利

パレットタイプであれば、だいたいはブラシやチップがついていることがほとんどだと思います。購入の際は、パレットにブラシやチップがついている確認してみましょう。

なぜブラシやチップつきがおすすめなのでしょうか?それは細かくアイシャドウを使用しようとしたとき、指の腹でぬるというのは限界があるからです。

また、別でブラシやチップをそろえるとなると、用途に合わせていくつもそろえなくてはなりません。これならはじめからついている方が便利ですね。

■カラーはブラウンかベージュ系で

メイクのことがまだわからないうちに、赤や紫といった大胆なカラーを使用してはいませんか?使い方によっては目元を華やげてくれるカラーではありますが、使い方を間違ってしまうと濃くなり過ぎたり、不自然な仕上がりになったりして、逆に印象が悪くなってしまいます。

メイク初心者であれば、派手なカラーを無理して使用せずに、無難にブラウンかベージュ系を選択するようにしましょう。ブラウンやベージュ系というのは、目の形や肌の色に関係なくほとんどの人にマッチするカラーです。自然に奥行きなどを出してくれるので普段使いにもおすすめですよ。

■まずはパレットとカラーがポイント

初心者向けのアイシャドウ選びをご紹介しましたが、中でもパレットとカラー選びというのは重要です。自然で奥行きのある目もとに仕上げるために、まずは選び方から見直してみましょう。(結貴/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事