2016.08.20

リゾートデート気分!青い海と白い砂浜のコントラスト・白浜大浜海水浴場の魅力

夏といえば海水浴!島国の日本には、海水浴場が数多くあってどこに行こうか迷ってしまいますね。白浜と名のつく海水浴場が、日本全国にはたくさんありますが、今回は美しく広い白浜が伊豆随一と言われている、白浜大浜海水浴場についてご紹介します。

☆若者に人気の白浜大浜海水浴場

白浜大浜海水浴場の所在地は、静岡県下田市白浜にあります。交通アクセスは、下田駅からバスで13分ほどです。約770メートルも続く美しい砂浜は伊豆半島最大の規模で、伊豆を代表する海水浴場と言えるでしょう。

サーフィンを楽しむ若者も多く、シーズン中には30万人以上もの人が訪れて賑わいを見せる海水浴場です。綺麗な水質で透明度は抜群!白砂とヤシの木が南国のような雰囲気を醸し出し、リゾート気分も味わえます。沖縄のような透明度の高い海でバカンスを過ごしたいけれど、お財布が苦しい…という人も満足できるかもしれませんよ。

☆駐車場は大丈夫?

車で行った場合、気になるのが駐車場でしょう。しかし、海水浴シーズン中には、たくさんの駐車場がオープンするので心配はいりません。ただ、お盆の時期には混み合うため、満車になってしまうこともあります。

午前4時頃からオープンするところもあるので、早めに行くことをおすすめします。駐車料金は、入庫時間にもよりますが1,500円から2,000円程度。目の前が砂浜の便利な駐車場もあれば、白浜海岸を一望できる眺めの良い駐車場もありますよ。

☆海の家がない海水浴場!?

白浜大浜海水浴場内には、海の家がありません。不便に感じるかもしれませんが、そのぶん、広々と開放感のある砂浜を満喫できるのがメリットです。

また、砂浜の目の前にある国道沿いには、売店やコンビニがあるので大丈夫。水着のまま入れるレストランもあるので、お腹が空いたときには助かりますね。駐車場で、パラソルや浮き輪、ボディーボードなどのレンタルも行っています。温水シャワーやコインロッカーもあるので、設備は十分です。

☆お盆を過ぎても泳げるってホント?

白浜大浜海水浴場は7月中旬が海開きで、8月末までが海水浴シーズンとなっています。シーズン中は監視員がいて、サーフィンエリアと遊泳エリアが分かれているので安全に海水浴を楽しめます。それ以外のシーズンも泳ぐことは可能ですが、監視員はいません。自己責任で気をつけて泳いでくださいね。

一般的に、海はお盆を過ぎると泳げないと言われていますが、白浜大浜海水浴場はお盆を過ぎても泳げる貴重な海。それは、クラゲがほとんど出ないからです。しかも、伊豆の海は温暖なので、9月半ばまで泳ぐことが可能です。

☆まとめ

透明度の高い海と綺麗な白砂を満喫できるのが、白浜大浜海水浴場の魅力。お盆を過ぎてからも海を楽しみたい人、リゾート気分で広々とした景観に癒されたい人にもおすすめの海水浴場です。(ハッピーピアノ/ライター)

(ハウコレ編集部)

http://www.beiz.jp/web/download/sea-ocean/00031.html"

関連記事