2016.08.20

暑い夏でも全身鳥肌!本当にあった怖い恋愛話

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
夏本番。
朝早い時間からムシムシ、日中は焦げそうな太陽に照らされた上の熱帯夜…。
毎日、暑すぎる!!と感じている人も少なくないのではないでしょうか。

さて、そんな暑い夏を冷やす定番といえば、“怖い話”。
今回は、周囲から「怖かった恋愛体験」をあげてもらい、レベルごとにまとめました。
『一番怖いのは、人間だ』とは、よく言ったものだと実感していただけると思います。
それでは、さっそく見ていきましょう。

レベル1 履歴は嘘をつかない

「彼氏の履歴を見たら、『誕生日 デート オススメ』と検索してた。私の誕生日は、2ヶ月前に終わったばかり。誰とデートするの?」(10代/女性)

「友達と旅行に行ってくると言っていた週末、閲覧履歴に、箱根のホテルを2名で予約した形跡が。オズモールのカップルプランで、露天風呂付きの豪華な部屋。私との記念日も、こんな豪華な部屋だったことないけど?」(20代/女性)

履歴って、その人の頭の中が表れるって言いますよね。
浮気が履歴でバレるっていうのも、意外と多いみたいです。

レベル2 逆恨み

「学生のときの話。彼氏の元カノからmixiに毎日足跡がついてた。『ブス』とメッセージがきたり、かと思えば、彼氏とうまくいってない・悩んでいると日記を書いたときには慰めのコメントがついたりした」(20代/女性)

「彼氏のことを好きな女の子から手紙が届いたことがある。私が一人暮らししてたときだったんだけど、実家に手紙が届いたと母から連絡が。その電話を聞いて、鳥肌が立った」(20代/女性)

三角関係あるあるですが、なぜか逆恨みされたという経験談。
面識はないのに連絡がきたりすると、自分のことをすべて把握されてるようで怖いですよね。
あまり過激なようなら、きちんと第三者を挟んで話し合いを。

レベル3 色んな人がいます

「昔、付き合ってた彼女が“木”に性的に興奮する子だった。それを知らなかったとき、公園近くで待ち合わせをしたら、先に来て興奮のためにおかしくなった彼女が救急車で運ばれた。みんなに嘘だって言われるけど、本当の話だし、俺だって信じたくなかった」(20代/男性)

変わった性癖だと本人も苦労するのでしょうが、相手も困惑することが多いですよね。
歩み寄れるレベルなら良いですが、そうでないのなら離れるのもお互いのためかもしれません。

レベル4 私の彼氏じゃなかったの?

「彼氏がデキ婚した」(20代/女性)

あれ、この人私の彼氏だよね?って固まりそうです。
そんな不誠実な彼は忘れて、次にいきましょう!

レベル5 身の危険を感じました

「キャバで一緒に働いてた先輩が、結婚するからって仕事をやめた。3ヶ月後、仕事に復帰してきたからどうしたのかと聞いたら、婚約者から死体プレイを求められて婚約破棄したらしい」(20代/女性)

レベル3でも書きましたが、許容できないのなら離れるのが得策。
悲しいけれど、どちらも不幸にならないようにするのが良いと思います。

おわりに

いかがでしたか?
怖い話というか、世にも奇妙な物語というか…人の数だけ色んな愛があるんだなと感じますよね。
暑い夏、少しでも涼んでいただけたのなら幸いです!(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事