2016.08.20

ハリキリ過ぎはNO!彼を虜にするモテ女子の看病法

今年も結構暑いけど、夏休みを存分に満喫しているかな。アイスとかジュースとかクーラーとか、身体を冷やしすぎて体調を崩さないように気をつけようね。小学生じゃあるまいし、そんな注意は余計なお世話!って思うかもしれないけど、大人でも意外とこの時期夏バテ・夏風邪・熱中症などなど具合が悪くなっちゃう人が多いんだ。

もしかしたらあなたが気になっている彼もちょっと体調を崩してしまうかもしれない。そんな彼を虜にするモテ女子の看病法について、今のうちに知っておいても損はないかもよ。

1.気合いを入れすぎない

女子だって心身が弱っているときに素敵な彼に優しくされたらキュンときちゃうよね。これは男子も同じ。だからといって、彼が病気になった途端ここぞとばかりに張り切ったりしてはいけないよ。

たとえば、普段はあまり料理をしないのに彼の具合が悪いときだけ無理してレシピサイトを横目に慣れないお炊事をするとかね。

そんなガンガンに気合いを入れる必要なんかなくって、むしろ逆におかゆみたいなごく普通のものを作る程度でいいんだね。おかゆを作るのも面倒とか難しいと思ったら、レンジでチンするだけのレトルトおかゆをコンビニで買ってくればだいじょうぶだよ。

2.彼を責めない

デートの約束をしていたのに、彼の体調不良でキャンセルされちゃった……こんなとき、不満っぽく「なんでよ~」みたいには言わないようにしようね。確かに、大好きな彼と会えないなんて嬉しいわけないけれど、ここで不満な気持ちを表明しちゃったら彼がかわいそうだよ。

彼はわざと病気になったわけではないし、デートできなくて一番がっかりしているのはもしかしたら彼かもしれないからね。あなたに会いたいからこそ約束したのに病気のせいでしかたなく断らざるを得なかった彼の苦しい心をわかってあげよう。相手に「悪かった」と思わせない女子はモテ女になることができるよ。

3.風邪の引はじめにも気配りを

本格的に寝込んでしまう前、ちょっとせきがでるとか喉が痛いと言っている彼にスッとのど飴をだすことができる女子もいいね。病気になってから看病するっていうのは言われればできることだけど、病気になりかけてるときとかなる前に注意しておくっていうのはなかなか簡単にはできない。

それくらいいつも彼のことを気にかけているってことだからね。今はたまたまのど飴という具体例を出したけど、この品物自体に意味があるんじゃなくて、どれくらい彼のことを大切に考えているかっていうのが重要なんだ。

あなたから大切にされていると彼が思えば、彼もあなたを大切にしてくれるよ。

4.彼にとって必要かを考える

あなたが彼のために何かをしてあげたいと思ったとき、その行為を彼は本当に必要としているのかどうかをちょっと考えてみよう。病気の人を看病するのはいい事だ、当たり前の事だと思うかもしれないけど、それはあくまでも一般的な話だよね。

あなたが好きな彼は一般論とは違うことを望んでいる、という場合だってあるんだよ。彼はもしかしたら自分の部屋には誰も入れたくないかもしれないし、おかゆだって嫌いかもしれない。

「◯◯をすればいい」と頭から決めないで、彼というひとりの人間にとって何がいいのかを考えてみようね。考えてもわからないときは本人に聞いてみよう。

羽林由鶴からのメッセージ

彼が風邪をひいたからといって「よっしゃー!やっちゃうぞ~」ではなく、相手の立場にたって、彼が何を望んでいるのかを見極められるのがモテ女子。

といっても、特殊な能力とかで見極めろっていう意味じゃないよ。彼が何を望んでいるのかっていうのは、これまでの間にいろいろと彼とやりとりしてきた経験の蓄積によって少しずつ見えてくるものなんだ。

いますぐ急にできるようになるっていうのは難しいけれど、だからこそ、彼が病気になる前、元気なうちに彼とふたりでいろんな話をしてみてね。そのふたりの時間の積み重ねが、お互いの望みを見抜けるカップルにしてくれるよ。(羽林由鶴/ライター)

(ハウコレ編集部)
(こいずみさき/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事