2016.08.20

恋がどんどん遠ざかる…男子が「デートに誘いにくい」女子の共通点

「デートをしたい」と思っていても、誘いにくい雰囲気の女性には、男性は声をかけることができません。

それではなかなか恋も始まりにくいですし、素敵な恋を逃してしまう可能性も高いでしょう。

そこで今回は、男子が「デートに誘いにくい」女子の共通点を紹介します。

1.いつも「女性」と一緒にいる

「いつも女性とばかりつるんでいる人は、どうしても誘いにくい壁を感じちゃいますね」(27歳/商社)

「女友達と常に一緒にいる女性は、男を求めていないような気がしてしまいますね」(31歳/IT)

常に女友達とばかり一緒にいる女性。
これは男性からすると、かなり誘いにくい相手です。
恋愛よりも友情を大事にしている感じがするので、気軽には入り込む隙が見当たりません。
たまには、男性とも親しげに話したりしないと、「今は男には興味ないのかな」と男性には思われてしまうかも。

2.いつまでも「敬語」で話してくる

「ずっと敬語で話してくる女性とは、いつまでも距離がなかなか縮まらないです」(32歳/マスコミ)

「敬語ってやっぱり大きな壁になりますよね。親近感はわきにくくなっちゃうかもしれません」(29歳/美容師)

いきなりタメ口は嫌われますが、ずっと堅苦しい敬語でいられると…。
男性からすると、どうしても壁を作られているように感じてしまうみたい。
もっと言うと、「俺のことあんまり好きじゃないのかな…」なんて思われてしまう可能性だってあります。
時には親しみも感じさせないと、いつまで経ってもふたりの距離は縮まりませんよ。

3.「プライベートの話」をあまりしない

「プライベートを話してくれない女性は、壁を感じずにはいられませんね」(28歳/保険会社)

「プライベートな部分を隠そうとする子は、こっちも簡単には踏み込めませんね」(26歳/調理師)

プライベートな部分をあまり明かさない女性は、一線を引いているような感覚がしてしまいます。
まるで、「深入りして来ないで」と言われているかのような…。
そうなると、さすがに男性も踏み込んでいくことができません。
趣味や休日の過ごし方など、話しやすいものからでいいので、多少はプライベートな話もしてあげた方がいいのかも。

4.「忙しい」が口癖になっている

「いつも忙しそうにしている女性は、誘うタイミングが見つけられないです」(27歳/営業)

「『忙しい忙しい』と言われると、敬遠されているような気にもなってしまう」(31歳/建築)

「忙しい」が口癖の女性は、誘い出す隙が全くない。
デートや食事をする時間もなさそうだし、誘ったら悪いような気もしてしまいます。
しかも、男性はプライドが高いので、女性に断られるのがガマンできない。
なので、忙しくて断られるかもしれない女性をあえて誘おうという気持ちには、なかなかならないでしょうね。

おわりに

誘いたくても誘えない女性になってしまうと、男性も手の出しようがありません。少しは隙を作ってあげないと、男性もなかなか勇気が出せないので、それは女性側も意識しておくべきでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事