2016.08.21

別れるかどうか迷ったときに絶対に考えておくべきこと

とくに若いうちは、女子のほうが男子に比べて圧倒的に精神年齢が上なので、おない年くらいの彼とつきあっている場合、彼女が彼に愛想を尽かして別れる、というケースが、わりとよくあると思います。
別れないまでも、別れたいなと思うことがあると思います。
そういうとき、なにを考えてみるべきなのか?について、今回は見ていこうと思います。

■自分が変われる余地はないのか?

たとえば、「彼の態度が急に冷たくなったように思うから、わたしは彼に愛されていないのではないか……であれば別れようかな……」というようなときに、自分が変われる余地があるのかないのか、を考えてみるというのは、非常に大切なことです。

“彼の仕事が急に忙しくなったから、ここのところ冷たくなった”とか、“わたしの**という性格に愛想を尽かして冷たくなった”とか、いろいろな心境の変化があるから、彼の態度が冷たくなったわけですよね。
もちろん、“彼にほかに女性ができて、あなたと別れたいと彼が思っているから、態度が冷たくなった”というケースだってあると思いますが、それだって、細かく見ていけば、あなたが彼になにか不愉快なことをしたとか、なにか「自分が原因」というのがあるはずです。

だから、別れようかどうしようかという迷いの矢印を全部、いったん自分に向けてみることです。彼の態度をめぐって思い悩むのではなく、自分が変わると彼の態度も変わるのではないか?と思って、別れを迷っている原因をすべて自分のものとして考えてみることです。

■後悔する別れ方

彼のことばかり考えて、自分に原因があるかもしれないという思いが欠落したまま別れたら、別れたあとに後悔します。
よほどひどい彼でもない限り、ふつうは別れの原因は、彼と彼女の双方が、半分ずつくらい持っているからです。
そして、どんなに愛しあっていたとしても、他人のことを変えることは、誰にもできないからです。
彼女の愛があれば、彼は変わるだろうという意見も当然あるかと思いますが、それを言うなら、彼はとっくに変わっていて、別れるかどうするか迷っていないわけですよね。

■前向きないい別れ方

とくに若いうちは、恋愛をしている最中って、自分がなにをやっているのか、自分でよくわかっていないものです。
ずっと後になって「なぜわたしは、あんな彼氏とつきあっていたのだろう」と思うような恋愛って、そのときは必死だったかもしれませんが、結局のところ、必死すぎて自分がなにをやっているのかわかっていなかったということなんです。

だから、別れようかどうしようかと迷ったときは、いったん、迷いのすべての原因は自分にあるのではないか?と思って、冷静に考えてみるべきなんです。
そういう冷静な時期を持つと、自然と「潮時」が見えてきます。
まだ別れるときではないなとか、あと3ヶ月は我慢してつきあってみようとか、そういう「物事を起こすにふさわしいタイミングがいつなのか」が見えてきます。

あとになって後悔する別れとか、揉めに揉めまくって別れたというのは、そのタイミングを見ていない別れ、つまり自分のことをちゃんと考えられていないまま別れたということです。
自分のことをちゃんと考えるというのは、彼のことをちゃんと考えているということです。
だからそういう別れは、前向きないい別れ方になるのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事