2016.08.20

【ファンデ選び入門】お肌の状態を知って、マイベストファンデを使いこなそう!

色のはっきりとしたアイメイクやリップは、メイク後のイメージをつかみやすいので好みのものを選びやすいですが、ファンデーション選びはなかなか難しいですよね。

今回はメイク初心者さんに向けて、簡単にツヤ肌が手に入る、ファンデーションの選び方をご紹介します。

ファンデーションの種類

まず、ファンデーションの種類を知ることからはじめましょう。
主なファンデーションの種類はリキッドファンデーションという液体状のもの、パウダーファンデーションという固形になったもの、練り状の半固形状のファンデーションや最近話題のクッションファンデなど、種類や色も数え切れないほどあるのが現状です。メイク初心者の方に使いやすいファンデーションの種類はリキッドと、持ち運びにも便利なパウダーです。

肌質別、ファンデ選びのコツ

いざファンデーションを選ぶとき、どう選べばいいのか…それは自分の肌質でも変わってきます。乾燥肌から普通肌の方には、保湿効果の高いリキッドファンデーションがおすすめ。普通肌から脂性肌の方には、テカリをおさえるパウダータイプがおすすめです。もちろん肌質にかかわらず、きれいなツヤ肌を演出するには、リキッドファンデーションで肌を均一にととのえることが必須ですよ!

カラーの目安

ファンデーションを選ぶとき、1番難しいのが色選びではないでしょうか。ひとつのファンデーションでも8種類ほどのカラーバリエーションがありますよね。色選びの目安は、首の色と顔の色のあいだのカラーを見つけることです。ファンデーションを選ぶとき鏡にうつる顔の色だけに合わせてしまうと、いざつけてみると、顔だけ浮いたように明るくなってしまうことがあります。

首は顔よりも紫外線対策が行き届かず、日焼けしている場合が多いので肌トーンが暗くなりがちだからです。ファンデーションの色選びの際には、首と顔の境目のフェイスラインで色を合わせるようにすると、違和感のない自分の肌にぴったりなファンデーション選びができますよ。

最後に、肌補正アイテムを

自分の肌をよく見てください。目のまわりのくすみやクマ、小鼻や口まわりの赤みや黒ずみ、にきび跡など、肌はもともと均一の色ではありませんよね?それをファンデーションだけできれいに見せるのは難しいでしょう。芸能人のようなツヤ肌を手に入れるためには、下地やコンシーラーなど肌のマイナスを補修するアイテムが必要です。

くすみが気になる方には、ピンク系のくすみカバー下地や肌を明るくするコンシーラーがおすすめ。ニキビなどの赤みには、黄色系の下地や固めのコンシーラーを使うといいでしょう。ファンデーションを塗っただけだと、なんだかきれいにならない!そんなときには下地やコンシーラーを見直してみてください。

ポイントはお肌の状態を知ること!

ツヤ肌をゲットするには、ファンデーションの種類を知ること、自分の肌質を知ること、肌色を見直すこと、肌トラブルをカバーすることなどがとても大切です。お肌の状態を見きわめて、自分にとってベストのファンデーションを選んでくださいね。(odango/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事