2011.07.15

栄養をまるごと摂取!ブロッコリーの加熱方法

 
ブロッコリーには、ミネラル、カロテン、葉酸、ポリフェノール、ビタミンなど、美容や健康にうれしい栄養が豊富に含まれています。
 
けれど、特に豊富に含まれているビタミンCは水に溶け出す性質があり、お湯で加熱すると溶け出してしまいます。

そこで、電子レンジを使ってブロッコリーを加熱する方法をご紹介します。わざわざお湯を沸かしたりせず、ブロッコリーの栄養をまるごと摂取しましょう。
 

②房のまま電子レンジに入れる

 ブロッコリーは切り分けたりせず、まるごと加熱しましょう。こうすることで、瑞々しく仕上がります。

 耐熱容器に房のまま入れて隙間を残し、ふんわりラップをかけるか、ポリ袋などに入れて電子レンジに入れます。

③加熱する

 加熱時間の目安は、500~600Wの電子レンジで約5分前後。炒め物などに使う場合は、少し短めに設定しましょう。

 一度取り出して熱の通り具合を確認し、足りなければ再度加熱します。

④完成

 爪楊枝などを茎の中心部分を刺せるくらい柔らかくなったら完成です。瑞々しく、色鮮やかに出来上がります。

 サラダや炒め物などに入れておいしく頂きましょう。

茎も食べよう

 茎は捨ててしまう人が多いですが、たっぷり栄養が含まれているだけでなくシャキシャキしてとてもおいしいので、是非食べるようにしましょう。

 表面が硬ければ皮を剥き、薄く切って活用します。きんぴら風に味付けしてもおいしいですよ。

おわりに

 いかがでしたか?

 お湯を沸かす手間が省けるだけでなく、栄養をまるごと残しておいしく出来上がるので、是非活用してみてくださいね。

①ブロッコリーを洗う

 まず、ブロッコリーの蕾を下に向けて洗います。洗い終わったら、あまり水気は切らないようにしてください。

 この水分のおかげで、加熱後もぱさつきません。

関連記事